本物のプロペシアの見分け方は?個人輸入は偽物の危険あり!

本物のプロペシアの見分け方は?個人輸入は偽物の危険あり!

プロペシアは世界で初めてのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。
AGA治療薬のパイオニア的存在だからこそ、偽物も少なくありません。

偽物をつかまされると、AGAを治療するどころか健康被害に遭う恐れもあります。
さらに、副作用が出ても救済制度は使えません。

本記事では専門家監修のもと、以下の点を解説します。

この記事でわかること
  • プロペシアの効果
  • 個人輸入が危険な理由
  • 本物のプロペシアの見分け方

安全にAGA治療をはじめるためにも、ぜひ最後までご覧ください、

この記事の監修者

中川陽子
中川陽子薬剤師・医学修士
北海道大学大学院卒業
薬局薬剤師としてAGAや壮年期脱毛症、円形脱毛症の医薬品調剤や服薬相談を多数経験
薄毛の悩みを解決できる医学薬学知識を啓蒙することで、患者さんのより良い人生に貢献したい
と思っております。

プロペシアとは?

プロペシアは世界初のAGA内服治療薬です。
有効成分であるフィナステリドは、もともとアメリカで前立腺肥大症の治療薬として用いられていました。
ところが、フィナステリドを有効成分とする治療薬(プロスカー)を服用した方に発毛が見られたため、AGA治療に転用できないか研究が続けられました。

その結果、1997年になってAGAに対する安全性と有効性が確認され、アメリカ国内でプロペシアとして販売されるに至ったのです。

プロペシアに含まれる有効成分「フィナステリド」の効果

プロペシアに含まれる有効成分である「フィナステリド」には、体内の酵素の一種である「5α-リダクターゼ」の働きを阻害する作用があります。

5α-リダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化する際、触媒として重要な働きをします。
DHTが男性ホルモン受容器に結合すると、抜け毛を促進するサイトカインを生成し、結果としてAGAが進行するのです。AGAのヘアサイクル

フィナステリドの働きによって5α-リダクターゼの働きを阻害すると、DHTの生成が抑制されます。
その結果、AGAの進行を遅延させることが期待できるのです。

「ミノキシジル」との併用が効果的

AGA治療において、プロペシアは抜け毛を予防する「守りの治療薬」に位置付けられています。
一方、「攻めの治療薬」に位置付けられているのがミノキシジルです。

ミノキシジルとフィナステリドの併用

ミノキシジルには血管を拡張し、血液の循環を促進する作用があります。
また、毛母細胞の死滅を抑制し、発毛シグナルを促進するのもミノキシジルの大事な働きです。

プロペシアとミノキシジルは違った角度からAGAの改善にアプローチするため、併用するとより効率的にAGAを改善することが期待できます。

プロペシアの個人輸入通販はリスク大!偽物に要注意!

プロペシアはAGAクリニックで処方してもらうのが一般的ですが、海外から個人輸入したり、通販で購入したりする方もいます。

しかし、プロペシアの個人輸入や通販での購入にはさまざまなリスクがともないます。

  • プロペシアの製造販売元
  • プロペシアの偽物が出回っている理由

ここでは上記の2点について解説します。

プロペシアの製造販売元

プロペシアはもともとアメリカのメルク社によって開発され、日本で万有製薬株式会社から販売されました。
万有製薬株式会社はメルク社との提携関係があったのですが、その後、メルク社の傘下に入りました。
それにともない、プロペシアも米メルク社日本法人(MSD)から販売されることとなったのです。

ところが2021年の6月3日にオルガノン日本法人がMSDから独立したため、プロペシアもオルガノン株式会社から販売されるようになっています。

プロペシアの偽物が出回っている理由

プロペシアの偽物が出回っている最大の理由は、専門のクリニックや病院で処方してもらうより、個人輸入するほうが安いからです。

もともとAGAの治療には健康保険が適用されないため、プロペシアの購入費も全額自己負担となります。
プロペシアの価格はクリニックや病院ごとに異なりますが、正規品のプロペシアを購入する場合、1ヵ月あたり8,000円前後となっています。

プロペシアを個人輸入したり、通販で購入したりすると、薬代を数分の1程度に抑えられることも珍しくありません。
しかし、安いからという理由だけで飛びつくと、プロペシアの偽物をつかまされる危険性があるのです。

個人輸入や未承認ジェネリックの服用が危険な理由とは?

プロペシアの個人輸入や未承認ジェネリックの服用が危険な理由として、次のような点が挙げられます。

  • 効果・安全性が保障されていない
  • 健康被害が生じても救済措置を受けられない

それぞれについて詳しく解説します。

効果・安全性が保障されていない

日本の厚生労働省によって認可された医薬品はすべて、医薬品医療機器等法によって有効性および安全性が確認されています。
ところが、個人輸入した海外製の医薬品の場合、日本の法律に基づいて有効性や安全性が確認されているわけではありません。

また、海外製の医薬品の場合、厚生労働省ほどの厳しいチェックをパスしていません。そのため、思ったほどの効果が得られなかったり、むしろ健康被害をもたらしたりするケースもあります。

日本人と外国の方では体質が異なるため、海外製の医薬品に添付されている用法・用量を守って服用したとしても、副作用が起こる危険性もあります。
AGA治療薬にはそれほど重篤な副作用のリスクはありません。
しかし、自己判断で医薬品を服用していると、知らない内に肝臓などにダメージが蓄積されている可能性もあります。

健康被害が生じても救済措置を受けられない

日本では適正に医薬品を使用して以下の状態になった場合、医療費や障害年金などが給付されます。

  • 入院治療が必要とされるほどの重篤な副作用が起こった場合
  • 日常生活に支障をきたすほどの副作用が出た場合

この制度を「医薬品副作用救済制度」と呼んでいます。
個人輸入した医薬品や、未承認ジェネリックを自己判断で服用した場合、救済措置が受けられません。

個人輸入を利用すると、たしかにプロペシアを安く購入できるでしょう。
しかし、副作用が出ると、すべて自己責任・自己負担となります。
結果として、万が一の時には何倍も高い医療費を払わなければならなくなる、というケースもあるのです。

プロペシアのジェネリック医薬品の偽物にも注意!

医薬品を自己判断で利用することにはリスクがともないますが、プロペシアのジェネリック医薬品を利用する場合も注意が必要です。

プロペシアのジェネリック医薬品には、厚生労働省からの認可が下りているものと、国内で承認されていないものの2種類があります。

国内で承認されていないプロペシアのジェネリックは、海外から購入するしかありません。
しかし、海外製のプロペシアのジェネリックには偽物や粗悪品も少なくないのです。

  • 厚生労働省から承認がある正規のジェネリック
  • 国内で承認されていないジェネリック

ここでは上記の2点について解説します。

厚生労働省から承認がある正規のジェネリック

プロペシアが日本で販売開始されたのが2005年ですが、国内での特許期間はすでに過ぎています。
現在では製薬会社各社からプロペシアのジェネリック(後発医薬品)が販売されるようになっています。

国内で販売されているプロペシアのジェネリックは、いずれも厚生労働省からの認可を受けているのです。
そのため、正規品のプロペシアと同様の効果および安全性が期待できます。
代表的なプロペシアのジェネリック剤は以下のとおりです。(規格略)

商品名 製造販売元 発売元 販売
フィナステリド錠SN シオノケミカル株式会社 あすか製薬株式会社 武田薬品工業株式会社
フィナステリド錠TCK 辰巳化学株式会社 岩城製薬株式会社
フィナステリド錠ファイザー ファイザー株式会社 マイラン製薬(提携)
フィナステリド錠SKI 小林化工株式会社 SKIファーマ株式会社
フィナステリド錠サワイ 沢井製薬株式会社
フィナステリド錠クラシエ 大興製薬株式会社 クラシエ製薬株式会社
フィナステリド錠トーワ 東和薬品株式会社
フィナステリド錠RTO リョートーファイン株式会社 江州製薬株式会社
フィナステリド錠武田テバ 武田テバファーマ株式会社 武田薬品工業株式会社
フィナステリド錠FCI 富士化学工業株式会社

上記のジェネリック(フィナステリド錠)はいずれも、正規品のプロペシアと同様の効果が期待できます。
さらに、正規品の半額程度で買える商品が多いため、継続的にAGA治療をおこなう方の強い味方となっています。

国内で承認されていないジェネリック

ジェネリックの中には、国内で承認されていない海外製の商品もあります。
厚生労働省からの認可を受けていないため、正規の購入ルートはありません。

購入する場合は医師であれ一般人であれ、海外から個人輸入する必要があります。
クリニックの中にはそのようなジェネリックを処方する所もあるのですが、厚生労働省の認可がない以上、副作用に対する救済措置が受けられません。

国内で承認されていないプロペシアのジェネリックの代表として、以下の3商品があげられます。

  • フィンペシア
  • フィナロイド
  • フィナロ

それぞれの特徴や製造販売元について解説します。

フィンペシア

フィンペシアは日本でもよく知られている海外製のジェネリックです。
プロペシアと同様に、フィナステリドを有効成分としています。
インドにあるジェネリック医薬品製造大手のシプラ社によって製造および販売されている薬です。

インドではフィンペシアに限らず多くのジェネリック医薬品が製造、販売されています。
その理由の1つが日本とは違い、国民皆保険制度を導入していないからです。

日本でも薄毛を改善したい方の一部が、個人輸入でフィンペシアを購入する例があります。
ただし、フィンペシアを自己判断で服用した場合、副作用が出ても自己判断となるので注意してください。
フィンペシアのリスクに関しては下の記事をご覧ください。

フィナロイド

フィナロイドもジェネリックのフィナステリド錠で、フィリピンにある製薬会社のロイドラボラトリーズが製造および販売しています。

名前はフィナステリドに似ていますが、国内未承認薬なので注意してください。

フィナロ

ジェネリックのフィナステリド錠としては、フィナロもよく知られています。

フィナロはインドにあるインタス社によって製造および販売されています。
こちらも国内未承認薬です。

プロペシアとジェネリックの価格比較

プロペシアと国内正規品のジェネリック、および海外製のジェネリックを比較した場合、価格の目安は以下のとおりです。

商品名 1錠当たりの目安価格
プロペシア 275円
国内正規のジェネリック 142円
海外製のジェネリック 18円~36円

表を見ても分かるように、海外製のジェネリックは国内正規のジェネリックと比べてもかなり安くなっています。
仮に国内正規のジェネリックを1年間服用した場合、費用の目安はおよそ48,000円です。

一方、海外製のジェネリックを1年間服用した場合、費用の目安は6,000〜12,000円で済んでしまいます。
そのため、副作用のリスクがあるとは分かりながらも、個人輸入で海外製のジェネリックを購入するケースが後を絶たないのです。

しかし、上述したとおり、海外製のプロペシアは副作用が出れば全額自己負担です。
フィナステリドにどのような副作用があるかは下の記事をご覧ください。

本物のプロペシアの見分け方

安全にAGAの治療を続けるためには、正規品のプロペシアもしくはそのジェネリックを利用する必要があります。

そこで、本物のAGA治療薬と、海外製の偽物を見分ける方法についてご紹介します。
ポイントは以下の7点です。

  • 購入先・連絡先
  • 錠剤の色・形・厚さ
  • 世界各国の保健機関の許可
  • パッケージの言語・記載内容
  • PTP包装シート
  • 安すぎる価格
  • クレジットカードの使用の可否

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

購入先・連絡先

本物のプロペシアを見分ける方法の1つが、購入先及び連絡先を確認することです。
AGAクリニックで処方されるプロペシアは、まず本物だと考えて間違いないでしょう。

AGAクリニックの中にはプロペシアのジェネリックを処方しているところもあります。その場合であっても、ジェネリックを使用する旨を説明されるため、知らずしらずのうちに処方されることはありません。

また、販売元がオルガノン株式会社であれば、本物のプロペシアと判断してよいでしょう。

錠剤の色・形・厚さ

本物のプロペシアと偽物とでは、錠剤の色や形、厚さに違いがあります。
国内で用いられている正規品のプロペシアはすべて特殊なフィルムで覆われており、表面がツルツルしているのが特徴です。

錠剤の表面に触れるとザラザラしている場合、偽物や粗悪品を掴まされている可能性があります。
また、錠剤の色が均一ではない場合も、偽物や粗悪品の疑いがあるでしょう

国内正規品のプロペシアは、幅が7.2ミリメートルで厚さが3.5ミリメートルです。
このサイズと異なる場合、もしくは大きさが統一されていない場合、偽物や粗悪品の可能性があります。

世界各国の保健機関の許可

プロペシアの本物を見分ける方法としては、世界各国の保健機関による許可がおこなわれているかどうかを確認する手もあります。
以下の審査を受けているかどうか確認してください。

  • FDA:アメリカ食品医薬品局(アメリカ版厚生労働省)
  • TFDA:衛生福利部食品藥物管理署(中国版厚生労働省)
  • KFDA:食品医薬品安全処(韓国版厚生労働省)

もっとも、クリニックで処方される場合は問題ないでしょう。

パッケージの言語・記載内容

プロペシアが本物かどうかを見分けるには、パッケージに記載されている言語や内容を確認する方法もあります。
パッケージの印刷が粗い場合や不鮮明な場合、偽物や粗悪品の可能性があります。
日本語の、文法が怪しい場合や、誤字・脱字が多い場合、本物ではないと考えられます。

PTP包装シート

国内正規品のプロペシアはすべて、PTP(press through pack)包装シートに封入されています。
PTP包装シートは、錠剤をプラスチックとアルミで挟んだ包装法です。

PTP包装シートではなく、ビニールなどで包装されている場合、偽物や粗悪品と考えてよいでしょう。

安すぎる価格

プロペシアの正規品は、平均すると1ケ月(28錠)あたり8,000円前後となっています。

正規品のジェネリックであっても、3,800円から4,000円程度です。
価格が安すぎる場合、偽物や粗悪品の可能性があります。

クレジットカードの使用の可否

プロペシアの偽物の場合、クレジットカード決済ができないことも少なくありません。

偽物を販売するような怪しい業者とは、クレジットカード会社が信用取引を結ばないからです。

個人輸入・通販で入手したプロペシアの見分けは難しい

残念ながら上記の方法で本物と偽物とを100%見分けられるわけではありません。
本物と偽物を横に並べてみれば一目瞭然かもしれませんが、偽物だけを手に取って見たとしても、本物との違いを見つけるのは難しいでしょう。

自己判断で海外製のジェネリックを服用した場合、期待した効果を得られない可能性があるだけでなく、副作用が出ても自己責任となります。

ただ、見分け方が必要なのは未承認薬を手に入れる場合や個人輸入を利用するときだけです。
安全かつ確実にAGAを改善したいのであれば、クリニックで正規品のプロペシアおよび正規のジェネリックを処方してもらうことがおすすめです。
信頼できるクリニックで処方してもらえば、偽物をつかまされることは基本的にありません。

まとめ

プロペシアの本物の見分け方についてまとめます

  • プロペシアの本物は錠剤の形状やパッケージ、価格で見分けられる
  • 個人輸入や通販で購入したプロペシアを本物と見分けるのは難しい
  • 自己判断で治療薬を服用した場合、国による救済措置が受けられない
  •                 

  • プロペシアは正規品もしくは国内のジェネリックを利用するのがおすすめ

安いからという理由だけで海外から輸入した医薬品を服用した場合、副作用が起こったとしても国による救済措置が受けられません。
安心かつ安全に治療を続けるためにも、医薬品は医師による処方を受けることが重要です。

HIXアプリ 自宅で手軽にヘアチェック! 無料でダウンロード
HIXは髪の毛の写真を撮って、質問に答えるだけで、専門家が薄毛の進行や頭皮状態を判定し、ご自宅での効果的なヘアケアをサポートするスマートフォンアプリです。
第一類医薬品 ヒックス ミノキシジル5 ¥3,500 無料でダウンロード
4,500
発毛成分ミノキシジルを国内最高5%濃度で配合。効果的に日々のケアができます。