【薬剤師監修】朝シャンするとハゲる?髪や頭皮の負担を減らす洗髪方法や薄毛対策も紹介

【薬剤師監修】朝シャンするとハゲる?髪や頭皮の負担を減らす洗髪方法や薄毛対策も紹介

朝起きてから外出するまでの時間を使って髪を洗う「朝シャン」が日課になっている人もいるでしょう。
ただ、「朝シャンするとハゲる」という噂があることも事実です。

そこで、本記事では専門家監修のもと以下の点を解説します。

この記事でわかること
  • 朝シャンするとハゲるという噂の真相
  • 朝シャンのデメリットとメリット
  • 正しい朝シャンのやり方

記事を最後まで読むことで、「なぜ朝シャンはハゲると言われるのか」という悩みに対する科学的な根拠に基づいた答えがわかります。

この記事の監修者

中川陽子
中川陽子薬剤師・医学修士
北海道大学大学院卒業
薬局薬剤師としてAGAや壮年期脱毛症、円形脱毛症の医薬品調剤や服薬相談を多数経験
薄毛の悩みを解決できる医学薬学知識を啓蒙することで、患者さんのより良い人生に貢献したい
と思っております。

「朝シャンするとハゲる」という噂はあながち嘘ではない

「朝シャンするとハゲる」という噂があるのは事実です。
実際に、SNSで不安を口に出している方は少なくありません。

結論をいえば、「良くないやり方で朝シャンすると、一時的に抜け毛が増える可能性がある」とはいえるものの、「AGAになるわけではない」と考えてください。

薄毛の症状でもっとも気をつけるべきなのがAGAです。
頭皮環境の悪化などで抜け毛が増えた場合、改善すれば治りますが、AGAは治療しない限りどんどん進行します。

AGAに関しては下の記事をご覧ください。

朝シャンの3つのデメリット

朝シャンにはおもに3つのデメリットがあると言われています。

  • 洗い残し・すすぎ残しが出やすくなる
  • 髪の成長を妨げる恐れがある
  • 紫外線ダメージを受けやすくなる

洗い残し・すすぎ残しが出やすくなる

出勤や登校前にシャワーを浴びる場合には、時間に余裕が持てないことも多いでしょう。
汚れを洗い落とす時間がないと、残った汚れが毛穴に詰まり、抜け毛が増えてしまう恐れがあります。

また、朝の忙しい時間帯であることから、すすぎ残しも出やすくなってしまいます。
シャンプーのすすぎ残しは頭皮を刺激するため、炎症や匂いの原因になりかねません。

早めに起きるなど工夫して、しっかりとすすいで洗い残しを防ぎましょう。
詳しくは下の記事をご覧ください。

髪の成長を妨げる恐れがある

夜にシャンプーをしないまま寝ると、毛穴に汚れや皮脂などが詰まって髪の毛の成長を妨げてしまいます。
眠っている間は成長ホルモンが分泌されやすくなるため、毛穴が詰まっていると、髪が十分に成長できないのです。

また、夜にシャンプーをしたうえで朝シャンをする人もいます。
短時間で二回もシャンプーすると、体が頭皮を乾燥から守ろうとして余計に皮脂が分泌される恐れがあります。
皮脂の過剰分泌は頭皮環境の悪化につながりかねないので注意してください。

紫外線ダメージを受けやすくなる

頭皮の皮脂は紫外線のダメージを防ぎます。
しかし、朝シャンしてしまうと過剰に皮脂を洗い流すことになり、頭皮が無防備な状態になってしまうのです。
その結果、皮膚がダメージを受け、頭皮が肌荒れする原因になってしまいます。

朝シャンする場合、紫外線対策は必須といえるでしょう。
スプレータイプの日焼け止めを使用したり帽子や日傘を使うなどのケアが大切です。
詳しくは下の記事をご覧ください。

朝シャンにはメリットもある

朝シャンにはデメリットが多いですが、その反面でメリットがあることも確かです。
たとえば、次のようなメリットがあります。

  • 寝癖をリセットできてそのままスタイリングができる
  • 寝汗や頭皮の皮脂などを洗い流してスッキリできる
  • 朝にシャワーを浴びることで交感神経が優位になり目が覚める

朝シャンすることで、しつこい寝癖をリセットできる可能性があるのです。
また、寝汗や頭皮の皮脂などを洗い流せることで、匂いをカットする効果も期待できます。
温泉療法専門医の早坂信哉先生によると、朝にシャワーを浴びることで「加齢臭を抑えられる」という研究結果もあります。

朝のシャワーで、一晩寝ることによって排出された皮脂や汗をリセット。たった1分で夕方まで臭いが軽減します

出典:テレ東プラス|朝1分のシャワーが加齢臭に効く! お悩み別「正しい入浴法」

シャワーを浴びることで交感神経が優位になる、という効果も期待できるでしょう。
交感神経が優位になれば、朝からすっきりとした気持ちで過ごせます。

【朝シャンがやめられない人向け】髪や頭皮の負担を減らすシャンプーの方法

朝シャンは薄毛の原因になりかねないと言われても「これまでの習慣を今さら変えることは難しい」という人もいるでしょう。

そこでここからは、どうしても朝シャンがやめられない人に髪や頭皮の負担を減らすシャンプーの方法や注意点を3つご紹介します。

  • ぬるま湯で洗髪する
  • できるだけシャンプーを使わない
  • 徹底的に髪を乾かす

ぬるま湯で洗髪する

髪を洗う時の温度は38〜40度程度のぬるま湯が適温です。
熱いお湯は頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、洗髪には向きません。

これは朝シャンだけでなく夜のシャンプーでも同様です。
頭皮の汚れは熱くなくても、ぬるま湯で十分を落とすことができます。

ただ、なかには夜もシャンプーなし、つまり湯シャンで済ませてしまう人もいますが、あまりおすすめしません。
湯シャンをおすすめしない理由は下の記事で解説しています。

できるだけシャンプーを使わない

夜にシャンプーをしている場合、朝はぬるま湯だけで洗髪を済ませましょう。
シャンプーの使いすぎは頭皮の乾燥を招き、かえって皮脂の分泌が増える原因になるからです。

また、シャンプーは洗浄力が強すぎないものを選びましょう。
アミノ酸系のシャンプーであれば頭皮への負担も少なく、スッキリと洗い上げることが可能です。
頭皮ケアにおすすめなシャンプーの選び方は下の記事をご覧ください。

徹底的に髪を乾かす

シャンプー後はしっかりと髪を乾かしましょう。
髪は濡れたままにしておくと頭皮に雑菌が繁殖しやすくなり、臭いやフケの原因にもなるのです。

また、頭皮が冷えて血行が悪くなったり、キューティクルが開いたままになり水分や栄養が外に逃げてしまったりする恐れもあります。
乾かし方などは下の動画を参考にするのがおすすめです。

まとめ

朝シャンはハゲるのか、という点をまとめます。

  • 朝シャンはかならずしもハゲるとはいえず、AGAの原因にもならない
  • しかし、間違ったやり方で朝シャンを続けていると、頭皮環境の悪化を招く恐れがある
  • 朝は時間があまりないため、洗いやすすぎが不十分になり、汚れが頭皮に残ってしまう
  • 一方で、臭いを抑えられたりスッキリしたりするという効果にある
  • 朝シャンするときはシャンプーを使わずぬるま湯にし、洗ったあとは徹底的に髪を乾かす

できるだけ朝シャンではなく夜にシャンプーするよう、生活を改善するのがおすすめです。
生活環境も薄毛とさまざまな関係があります。
詳しくは下の記事をご覧ください。

HIXアプリ 自宅で手軽にヘアチェック! 無料でダウンロード
HIXは髪の毛の写真を撮って、質問に答えるだけで、専門家が薄毛の進行や頭皮状態を判定し、ご自宅での効果的なヘアケアをサポートするスマートフォンアプリです。
第一類医薬品 ヒックス ミノキシジル5 ¥3,500 無料でダウンロード
4,500
発毛成分ミノキシジルを国内最高5%濃度で配合。効果的に日々のケアができます。