【薬剤師監修】ミノキシジルとフィナステリドの効果や副作用の違いとは?効果を高めるには併用しよう!

【薬剤師監修】ミノキシジルとフィナステリドの効果や副作用の違いとは?効果を高めるには併用しよう!

「ミノキシジルとフィナステリドの違いはなに?」
「効果はミノキシジルとフィナステリドのどちらが高い?」

AGA治療を検討している人は、上記のような疑問を持つことがあるでしょう。
ミノキシジルもフィナステリドもAGAの治療薬ですが、両者の特徴や効果の違いを知るのは非常に大事です。
本記事では、以下の点をお伝えします。

この記事でわかること
  • ミノキシジルとフィナステリドの特徴や効果の違い
  • ミノキシジルとフィナステリドの副作用とは
  • 効果を高めるためのミノキシジルとフィナステリドの使い方

記事を最後まで読むことでミノキシジルとフィナステリドの違いがわかり、「どのようにAGA治療すればいいか」を判断できるようになります。

この記事の監修者

中川陽子
中川陽子薬剤師・医学修士
北海道大学大学院卒業
薬局薬剤師としてAGAや壮年期脱毛症、円形脱毛症の医薬品調剤や服薬相談を多数経験
薄毛の悩みを解決できる医学薬学知識を啓蒙することで、患者さんのより良い人生に貢献したい
と思っております。

ミノキシジルとフィナステリドはどちらもAGA治療薬

ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)は、ともにAGA治療薬の一種です。
さまざまなAGA治療のクリニックで、薄毛を改善する薬として積極的に処方されています。
また、AGA診療を科学的なエビデンスを用いてまとめた「AGAガイドライン」において、両方とも推奨度:A(行うよう強く進める)と認められています。

しかし、ミノキシジルとフィナステリドは薄毛改善の作用が異なる点に気をつけてください。
単体で使用するよりも、それぞれの症状によって使い分けたり併用したりするのが一般的です。

詳しくは下をご覧ください。
ミノキシジルとデュタステリドの併用
このように、ミノキシジルとフィナステリドは「攻め」と「守り」にたとえることができます。

ミノキシジルは国内で唯一発毛効果が認められている成分です。
発毛効果が期待できる一方、AGAの進行を食い止めることはできません。
フィナステリドは発毛効果がないものの、AGAの原因「DHT(ジヒドロテストステロン)」を生み出す5αリダクターゼのはたらきを阻害します。

ただし、フィナステリドなどの内服薬は医師の診断が必要です。
ミノキシジルは通販でも購入できるため、AGA治療の第一歩として使われることが多いです。
これからAGA治療をはじめるあなたにおすすめのミノキシジル発毛剤はこちらで紹介しています。

ミノキシジルについて

ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬として作られました。
使用される中で発毛効果が認められ、現在ではAGA治療の薬としてもっとも推奨されています。
まずはそんなミノキシジルの効果と特徴、副作用について解説します。

ミノキシジルの効果と特徴

ミノキシジルは国内で唯一発毛効果を認められている成分です。
主に2つの薬があります。

  • 外用薬
  • 内服薬

このうち、AGAの治療薬として認められているのは「外用薬」だけです。
内服薬は、日本はおろか世界中で治療薬として認められていません。

外用薬は患部に塗布することで、毛包に直接作用し、発毛と髪の成長を促します。
ただし、すぐに効果が出るわけではありません。
最低でも6ヶ月以上使い続ける必要があります。

ミノキシジルは配合濃度が定められており、最大は「5%」です。
それ以上の濃度については自己責任となり、国内の救済制度も使えません。
安全にAGA治療するためにも、5%ミノキシジルの発毛剤を使いましょう。

ミノキシジルは商品によって大きく値段が異なります。
詳しくは下の記事をご覧ください。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用は以下のとおりです。

皮膚 頭皮の発疹・発赤

かゆみ・かぶれ

ふけ

使用部位の熱感等

精神神経系 頭痛

気が遠くなる

めまい

循環器系 原因の分からない急激な体重増加

手足のむくみ

代謝系 胸の痛み

心拍が速くなる

このように、重篤な副作用はありません。
副作用の発現率も8%程度であり、そのほとんどが皮膚症状であるため、心配しすぎる必要はないでしょう。

万が一、副作用が出た場合はただちに使用を中断してください。
そして、かならず医師に相談しましょう。
ミノキシジルの副作用に関しては下の記事をご覧ください。

フィナステリドについて

フィナステリド(プロペシア)は、ミノキシジルと並ぶ薄毛治療薬の一つです。
「AGAガイドライン」において、ミノキシジルの外用と同じくもっとも高く推奨されています。
ミノキシジルと違って内服薬しかなく、使用するには医師の診断が必要です。

フィナステリドの効果と特徴

フィナステリドは、5αリダクターゼを阻害する働きがあります。
5αリダクターゼが阻害されるとDHT(ジヒドロテストステロン)が産出されなくなるため、AGAの進行を食い止められるわけです。

発毛効果はありませんが、薄毛の進行を食い止められることから臨床試験でもAGAの改善効果が明らかになっています。

フィナステリド(1mg/日、0.2mg/日)を用いた、414名の「日本人」男性被験者を対象とした観察機関48週間のランダム化比較試験において、頭頂部の写真撮影による効果判定では、1mg/日では58%が軽度改善以上の効果があり、0.2mg/日では54%が軽度以上の効果がみられました。1mg/日投与2年では軽度改善以上が68%、3年では78%が軽度改善以上の効果が認められたということです。

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用は以下のとおりです。

  • 性欲減退や勃起不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • 睾丸痛
  • 血精液症
  • 男性不妊症
  • 精液の質低下

ただし、発現率は数%程度なので安心してください。

副作用(臨床検査値異常変動を含む)の発現割合は0.2mg投与群で1.5%(2/137例)、1mg投与群で6.5%(9/139例)、プラセボ群で2.2%(3/138例)であった。

出典:プロペシア添付文書

多くの場合、服用を止めれば副作用も改善します。
海外では服用を止めても副作用が改善しなかった「ポストフィナステリド症候群」が報告されていますが、国内で発生したケースはありません。

フィナステリドの副作用に関しては下の記事をご覧ください。

AGA治療の効果を高めるには併用がおすすめ

AGA治療の効果を高めるには、ミノキシジルとフィナステリドの併用がおすすめです。
今まで説明してきたとおり、ミノキシジルとフィナステリドは効果が異なるからです。

極端に言うと、ミノキシジルを使っても、AGAの進行スピードが早ければ「抜ける速度>生える速度」となり、効果が十分現れない可能性があります。
反対に、フィナステリドを服用しても髪の成長速度が遅ければ、目に見えた改善は期待できません。
したがって、併用してAGA治療を進めるべきなのです。

ただし、併用するとAGAの治療費が高くなってしまいます。
ミノキシジルもフィナステリドも途中でやめてしまうと効果がなくなってしまうので気をつけてください。
続けていけるよう、自分に合った治療方法を選択しましょう。

ミノキシジルとフィナステリドが効かない場合

ミノキシジルとフィナステリドは評価が高い治療薬ではありますが、場合によっては著しい効果が現れない場合もあります。
効果が現れない原因は主に以下の3つです。

  • 治療期間が半年未満
  • AGA以外の脱毛症
  • 個人輸入の薬を使用している

治療期間が半年未満

ミノキシジル・フィナステリドともに、最低でも6ヶ月以上使い続けなければなりません。
臨床試験でも主に「6ヶ月」から改善効果が現れるとわかっています。

ただ、効果が出始める期間には個人差があります。
3ヶ月で効果が出る人もいれば、1年かかるケースも珍しくありません。
まずは半年〜1年程度続けてみましょう。

AGA以外の脱毛症

ミノキシジルとフィナステリドは、AGA治療のための薬です。
つまり、AGAによる薄毛であれば高い効果をもたらしますが、そうではない薄毛の場合は改善が期待できません。

AGA以外にも脱毛症は存在します。
具体的には、脂漏性脱毛症や円形脱毛症などです。
このような場合はミノキシジルやフィナステリドではなく、皮膚科が処方する外用薬やステロイド注射などを使用した治療が必要です。

詳しくは下の記事をご覧ください。

個人輸入の薬を使用している

個人輸入で手に入れた薬は効果が出ないこともあります。
中には偽物も多いからです。
たとえば、見た目はまったく同じように見えても、実際は「なんの効果もない薬を塗布した
だけ」というケースも少なくないのです。

さらに、個人輸入にはさまざまなリスクがあるので注意してください。
そもそも国内において承認されていない薬を服用することになるため、副作用の救済制度がつかえません。
つまり、体に深刻な異変が起きても、自己責任・自己負担となるのです。

個人輸入のリスクは下の記事で解説しています。

ミノキシジルとフィナステリドが効かない場合はメソセラピーも試してみよう

AGAであるにも関わらず、ミノキシジルとフィナステリドを使用しても効果が実感できない場合があります。
このようなケースにおいては、メソセラピー治療を併用しても良いでしょう。
メソセラピーとは、ミノキシジルや成長因子などの有効成分を頭皮に直接注入する治療法で、高い発毛効果・薄毛改善効果が期待できます。

一方、メソセラピーは「AGAガイドライン」において、ミノキシジルやフィナステリドほど推奨されていません。

しかし,これらの臨床試験の多くは,限られた施設における,倫理委員会の承認を必要とする先進医療の段階にあり,安全性なども含め,その有効性は決して十分に検証されているとはいえない

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

このように、臨床試験では有効性が十分に検証されていないのです。
したがって、まずはミノキシジルとフィナステリドの治療を1年続けてみて、それでも効果が出なかった際に検討しましょう。

まとめ

ミノキシジルとフィナステリドの違いについてまとめます。

  • ミノキシジルとフィナステリドはどちらもAGA治療としてもっともポピュラー
  • ミノキシジルは発毛を促進させる効果がある
  • フィナステリドはAGAの進行を食い止められる効果がある
  • 両方を併用するのがおすすめ
  • どちらも1年使って効果が出なかった場合、メソセラピーなどを検討する

ミノキシジルとフィナステリドは効果がまったく違います。
まずは医師などに相談して、「どちらが自分に合っているか」を判断してもらいましょう。

HIXアプリ 自宅で手軽にヘアチェック! 無料でダウンロード
HIXは髪の毛の写真を撮って、質問に答えるだけで、専門家が薄毛の進行や頭皮状態を判定し、ご自宅での効果的なヘアケアをサポートするスマートフォンアプリです。
第一類医薬品 ヒックス ミノキシジル5 ¥3,500 無料でダウンロード
4,500
発毛成分ミノキシジルを国内最高5%濃度で配合。効果的に日々のケアができます。