【薬剤師監修】AGAの治療はいつまで続けたらいい?途中でやめることはできるの?

【薬剤師監修】AGAの治療はいつまで続けたらいい?途中でやめることはできるの?

「AGAはいつまで続けなければならないんだろう」

終わりが見えないと、AGA治療を続けるモチベーションがなくなってしまいますよね
AGAは完治するものではありませんが、ゴールを定めることで気持ちが楽になるでしょう。

本記事では、そんな「AGA治療をいつまで続けるべきなのか」について解説します。

この記事でわかること
  • AGA治療の完治について
  • AGA治療のゴールについて
  • AGA治療の効果が出るまでの期間について

最後まで読むことで「いつまで続ければいいのか」「なぜ続けなければいけないのか」の答えを知ることができ、AGA治療を続ける理由がわかります。

この記事の監修者

中川陽子
中川陽子薬剤師・医学修士
北海道大学大学院卒業
薬局薬剤師としてAGAや壮年期脱毛症、円形脱毛症の医薬品調剤や服薬相談を多数経験
薄毛の悩みを解決できる医学薬学知識を啓蒙することで、患者さんのより良い人生に貢献したい
と思っております。

AGA治療の完治とは

結論からお伝えすると、AGAは完治しません。
具体的に言えば、完治を「薬を使わなくても薄毛の進行が止まった状態」とするなら、そのような状態にはならないのです。

理由を説明するために、AGAのメカニズムを説明します。

AGAのメカニズム

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンがアンドロゲンレセプターと結びつき、脱毛因子や脱毛タンパクを放出することで発症します。
DHTを生み出すのは「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素です。
5αリダクターゼがテストステロンをDHTに変えてしまうわけですね。

5αリダクターゼもテストステロンも、人体を構成する一つであることは間違いありません。
ウイルスや病原菌と違って原因物質を取り除くことができないため、完治も不可能なのです。

AGAで大事なこと

上述したとおりAGAは完治しないものなので、「しっかりと食い止める」ことがもっとも大事です。
幸いにも研究が進み、AGAを食い止められる内服薬や発毛効果が認められる外用薬が開発されています。

こういった内服薬や外用薬を使うことによって、AGAの進行を最小限に抑えられる可能性があるのです。

AGA治療のゴール

AGA治療するうえで大事なのが「ゴールを決めること」です。
なぜなら、ゴールによって治療方針が変わるからです。

具体的に言うと、以下2つのゴールがあります。

  • 今ある髪を維持する
  • 新しい髪を増やす

人によってAGAの進行スピードはさまざまです。
中には発毛させなくても、今ある髪を維持するだけで問題ないケースもあります。
医師と相談して、どのような状態をゴールとするか決めることが大切です。

ただ、次のような方もいますよね。

「髪を維持すればいいのか増やすべきなのかわからない」
「AGAクリニックには行きたいけど、時間がないし恥ずかしい」

こういった方におすすめなのが薄毛管理アプリの「HIX(ヒックス)」です。
HIXを使えば、自宅にいながら専門家にチャットで相談できます。
しかも、写真を撮って送るだけで薄毛状態を毛髪診断士とAIが分析してくれるのです。

もちろんすべて無料なので、一度試してみてください。
詳しい使用感などはこちらで解説しています。

AGA治療の効果が出るまでの期間

AGAはゴールに向けて常に治療を続けなければなりません。
ただ、気になるのが「効果が出るまでの期間」ですよね。

ここでは3つの治療方法における「効果が出るまでの期間」を紹介します。

  • ミノキシジル外用薬
  • デュタステリド
  • フィナステリド

ぜひ最後までご覧ください。

ミノキシジル外用薬

ミノキシジルは国内で唯一発毛効果が認められた成分です。
今回、ミノキシジル外用薬の「効果が出るまでの期間」を解説するにあたって紹介したいのが「ヒックスミノキシジル5」。
ヒックスミノキシジル5は国内最大濃度かつ1本あたり3,000円で購入できる、ミノキシジル発毛剤です。

そんなヒックスミノキシジル5の添付文書には次のような文言が添えられています。

その他の注意
1.毛髪が成長するには時間がかかります。効果がわかるようになるまで少なくとも4ヵ月間、毎日使用してください。
[ミノキシジルローション5%製剤の有効性は4ヵ月使用後から認められております。]

出典:ヒックスミノキシジル5「添付文書」

このように最低でも4ヶ月は使い続けなければなりません。

なお、ミノキシジル発毛剤は使用を止めるとAGAの進行が再開します。
毎日続けるものだからこそ、自分に合った価格帯の発毛剤を使うのが大事なのです。

デュタステリド

デュタステリドは「5αリダクターゼ」のはたらきを阻害する内服薬です。
一般的には、AGA治療は「フィナステリド」を用いられることが多いですが、デュタステリドも高い効果を認められています。
なお、デュタステリドとフィナステリドはほぼ効果が変わりません。

デュタステリドの場合、添付文書には次のように記載されています。

7.1 投与開始後12週間で改善が認められる場合もあるが、治療効果を評価するためには、通常6ヵ月間の治療が必要である。
7.2 本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の改善がみられない場合には投薬を中止すること。また、6ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討すること。

出典:ザガーロ添付文書

ザガーロというのはデュタステリドの商品名です。
このように「6ヵ月間の治療が必要」なので、しっかりと取り組まなければなりません。

フィナステリド

フィナステリドはデュタステリドと同じく、5αリダクターゼの働きを阻害する内服薬です。
日本国内では「プロペシア」という商品名で販売されています。

フィナステリドも6ヶ月から効果が見られます。

3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。
本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には投薬を中止すること。また、6ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討すること。

出典:プロペシア添付文書

フィナステリドとデュタステリドは医師に診断してもらわないと処方されません。
AGAクリニックによってフィナステリドの値段は異なります。
下の記事でフィナステリドの安い順にAGAクリニックを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

AGA治療は減薬できる?

治療を目指す場合、途中で薬をやめるのはおすすめしません。
AGAは進行性なので、やめてしまうと症状が再び進行してしまうからです。

なお,内服を中止すると効果は消失する.

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

ただ、以下の場合は中止しても構いません。

  • 副作用が発現したとき
  • 医師が妥当と判断したとき

今回紹介した治療方法は、すべて副作用があります。
もっとも、用法用量を守っていれば重篤な副作用が起きることはほとんどありません。

万が一、起きたときは投与を中止しましょう。
プロペシアの添付文書にもこのように記載されています。

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

出典:プロペシア添付文書

治療の中止は基本的におすすめしませんが、減薬は可能です。
ただし、自分で減薬を判断するのは良くありません。
かならず医師に相談して減薬を判断してもらいましょう。

まとめ

AGA治療はいつまで続けるべきなのかについてまとめます。

  • AGA治療は完治しないため、常に治療を続けなければならない
  • 進行性なので、薬によって症状を食い止めるのが大事
  • 「今の髪を維持するのか」「新しい髪を増やすのか」を医師と相談しながら決める
  • どんな治療薬も最低6ヶ月は使い続けなければならない
  • 減薬は可能だが、一人で判断しないようにする

多いのが「初期脱毛が怖いから」といってすぐにやめてしまうパターンです。
初期脱毛はかならず終わりますし、効果が出ている証拠です。

以下で初期脱毛についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

HIXアプリ 自宅で手軽にヘアチェック! 無料でダウンロード
HIXは髪の毛の写真を撮って、質問に答えるだけで、専門家が薄毛の進行や頭皮状態を判定し、ご自宅での効果的なヘアケアをサポートするスマートフォンアプリです。
第一類医薬品 ヒックス ミノキシジル5 ¥3,500 無料でダウンロード
4,500
発毛成分ミノキシジルを国内最高5%濃度で配合。効果的に日々のケアができます。