パントガールは女性の薄毛治療に効果あり?副作用や他の治療薬との比較もご紹介

パントガールは女性の薄毛治療に効果あり?副作用や他の治療薬との比較もご紹介

「最近頭皮が目立ってきた気がする」
「でも、どうやって治療すればいいのかわからない」

こういった「薄毛に悩む女性」のために誕生したのが「パントガール」です。
パントガールは女性の薄毛治療に「効果がある」と言われています。
ただし、注意しなければならない点もあるため、使用する前に以下の点を確認しておきましょう。

この記事でわかること
  • パントガールの成分や効果
  • パントガールの副作用や注意点
  • パントガールを手に入れる方法

これらを確認せずに使用してしまうと、健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。
かならず最後まで目を通してくださいね!

パントガールとは

パントガールとは、びまん性脱毛症の治療に効果があると言われている薄毛治療薬です。
びまん性脱毛症とは、髪全体が薄くなるという「女性の薄毛」を意味します。

臨床では次のような結果が出ています。

びまん性脱毛症における Pantogar の治療効果は、大多数の患者や医師からきわめて良好及び良好と評価されました。毛髪構造損傷の治療では、全患者とほとんどの医師がPantogar による治療に大変満足していました。

出典:パントガール臨床試験データ

ただし、パントガールは「国内未承認薬」である点に注意しなければなりません。
副作用などの有害事象は報告されていませんが、万が一の場合、「医薬品副作用被害救済制度」が使えないため自己責任・自己負担になってしまいます。

パントガールに含まれる成分

パントガールの有効成分は以下のとおりです。

ビタミンB1 60mg 糖の代謝を促して、血液を促す
D-パントテン酸カルシウム 60mg ビタミンBの一種で、皮脂の代謝を促す。副腎のはたらきを助けコルチゾールを増加させる
薬用酵母 100mg ビタミンやタンパク質、消化酵素を多く含む
L-シスチン 20mg アミノ酸の一種で、結合することで強い髪を作る
ケラチン 20mg タンパク質の一種で、髪の毛や爪の主成分。L-シスチンなど18種のアミノ酸からなる
パラアミノ安息香酸 20mg ビタミンBの一種で、白髪の予防効果が期待できる。皮膚と毛髪を健康に保つ役割もある

パントガールの効果

パントガールは以下3つの効果が期待できます。

  • びまん性脱毛の改善
  • 産後脱毛の改善
  • 白髪の予防

それぞれ具体的にどのような効果が期待できるのか説明します。

びまん性脱毛の改善

パントガールはびまん性脱毛症の症状軽減効果が見込めます。
含まれているタンパク質やビタミンなどが、髪の毛を生成するように働きかけてくれるのです。

臨床試験においても、次のような報告があります。

Pantogar の投与前には脱毛が多かった及び中程度であった患者(86.7%)にかなりの変化が認められ、3 ヵ月後には患者の 70%では脱毛が少なくなり、患者の 20%ではもはや脱毛はなくなりました。

出典:パントガール臨床試験データ

ただ、こちらは「データの数が少ない」という事実に注意してください。
上述した臨床データはあくまで「29例」を対象としたものに過ぎません。

被験者数:30 例:びまん性脱毛症を有する被験者 29 例、毛髪構造損傷を有する被験
者 19 例

出典:パントガール臨床試験データ

さらに、日本人ではなく、パナマ、グアテマラに住んでいる人を対象としたデータです。
以上のことから「かならずしもびまん性脱毛症を改善できる」とは言えないので気をつけましょう。

産後脱毛の改善

産後脱毛の改善を期待することもできます。
「脱毛を減少させる効果がある」と臨床結果で明らかになっているからです。
産後脱毛の改善

出典:パントガール臨床試験データ


もっとも、パントガールは
「産後脱毛の改善として認められている治療薬」ではありません。
臨床試験データも「産後脱毛に悩む女性」を対象としたものではない点に注意してください。

白髪を防ぐ

パントガールは髪の毛を黒く維持するように働きかける効果が期待できます。
有効成分であるケラチンやシスチンには色素細胞を活性化させる効果があり、白髪予防につながる可能性もあるからです。

臨床試験においても、「毛髪構造損傷が改善された」と報告されています。
白髪を防ぐ
出典:パントガール臨床試験データ

ただ、これは「白髪が改善された」というデータではない点に注意してください。
毛髪構造の損傷が改善されると白髪が減少することもあるでしょうが、「根本的な治療とは言えない」可能性が高いです。

パントガールの服用方法

パントガールは1日3回(朝・昼・夕食後)のタイミングで飲みます。
一度に飲む服用量はカプセル1つのみで、多く飲んでも高い効果が期待できるわけではありません。
飲みすぎると副作用のリスクが高くなりかねないので、正しい量を守ることが大切です。

短期間で効果が得られるわけではないため、最低でも3ヶ月は飲み続けましょう。
3ヶ月経った頃から徐々に効果を期待できると言われています。
健やかな髪の毛を手に入れたいなら、半年から1年ほどの長期服用が勧められています。

パントガールは治療薬として認められていないことから「髪の毛の成長を促すサプリメント」として考え、継続して使用することが大切です。
効果が出るまでには時間がかかる可能性があるので、しっかり経過観察しましょう。

パントガールの副作用

パントガールには副作用が起きる危険性がありますが、国内において重大な副作用は報告されていません。
臨床結果では次のように評価されています。

Pantogar は有効性の最高評価に達しました。
忍容性は優れており、有害事象は認められませんでした。

出典:パントガール臨床試験データ

大きな副作用が報告されていないのは、パントガールに含まれている成分がビタミンやタンパク質など「普段の食事でも摂取しているものだから」と考えられます。

ただ、これはあくまで「72 例」を対象とした臨床結果です。
場合によっては軽度の症状が起きる危険性があるので注意してください。
実際に、以下で記すような軽度の症状がいくつか報告されています。

  • 腹痛
  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 胸焼け
  • 動悸

参考:AGAヘアクリニック

体に異常が起きた場合は、服用を止めて医師に相談しましょう。
繰り返すようですが、パントガールは国内において未承認の治療薬です。
副作用が起きても救済制度は使えないので気をつけてください。

パントガールを服用する上での注意点

パントガールを服用する際は、気をつけなければいけないポイントが3つあります。

  • 妊娠中や授乳中、未成年は使用しない
  • スルホンアミド系の薬と併用しない
  • お湯で飲まない

妊娠中や授乳中はホルモンバランスが乱れたり体調の変化が現れやすくなったりするため、副作用が出やすくなる危険性があります。
未成年の方も服用はなるべく避けた方がよいでしょう。

スルホンアミド系の薬を処方されている方はパントガールの服用を控えましょう。
AGAスキンクリニックレディース院の田中洋平医師も次のように解説しています。

パントガールは、スルホンアミド系の薬との併用に注意が必要です。スルホンアミド系の薬は、抗菌薬の一種で、広範囲のグラム陽性細菌とグラム陰性細菌に有効とされています。例えば、火傷や膣炎、目の表在性感染症などに使用されます。

参考:AGAスキンクリニックレディース院

病院からスルホンアミド系の薬を処方されている方は、担当医にパントガールを服用してもよいか確認しましょう。

服用の仕方も注意してください。
パントガールは熱に弱い性質を持っているので、お湯で飲むと効果が得られない可能性があります。
冷水もしくは常温の水で飲むようにしましょう。

パントガールの購入方法

パントガールは気軽に購入できるものではありません。
ここでは購入方法と注意点を紹介します。

クリニックで処方してもらう

パントガールは医師による処方が必要です。
薄毛治療をおこなっているクリニックや病院であればパントガールを取り扱っているところが多いので、気になる方は受診をおすすめします。

参考までに、1ヶ月分(90錠)の値段を紹介します。

AGAスキンクリニックレディース院 初回 5,500円
通常 8,800円
まい皮膚科クリニック 7,700円
ふるはた皮ふ科クリニック 8,800円
AGAヘアクリニック 4,500円
※パントガールと同様の成分に、育毛に大事なビタミンやミネラルを追加したオリジナルサプリメント

ただし、保険適用外という点に気をつけてください。
保険が適用されないので、費用が必要になることを覚えておきましょう。

パントガールはネットショップでは販売されていない

パントガールはAmazonや楽天市場などのネット通販では販売されていません。
国内未承認の治療薬だからです。

ネットを通して購入する方法として「代行販売業者」「個人輸入」がありますが、これらはおすすめしません。
以下のリスクがあります。

  • 正規品ではなく偽造品を手に入れてしまう
  • 品質や安全性の保証がされていない
  • 外国語で表記されているため正しい使い方や注意点が理解できない、など

たしかにクリニックに行くより「手軽で安く手に入れられる」というメリットはあるでしょう。
しかし、「代行販売業者」「個人輸入」のリスクはかならず把握しておくのが大事です。
リスクをきちんと理解しておかなければ、お金が無駄になるどころか健康に悪影響を及ぼしかねません。

個人輸入のリスクに関しては、以下の記事でも解説しています。

パントガールのよくある質問

最後に、パントガールのよくある質問をまとめておきます。
ここで回答するのは以下の2つです。

  • パントガールは男性にも効果はある?
  • パントガールとミノキシジルの違いは?

それぞれ解説します。

パントガールは男性にも効果はある?

効果があるとは言えません。
なぜなら、パントガールは「びまん性脱毛症の改善に効果が期待できる薬」だからです。

男性のAGAとびまん性脱毛症は、原因や治療方法がまったく異なります。

AGAに関してはこちらの記事をご覧ください。

パントガールとミノキシジルの違いは?

パントガールとミノキシジルの違いを表でまとめてみました。

パントガール ミノキシジル
効果 髪の毛の成長を促すのに大切な栄養素を補う 毛母細胞に直接働きかける
治療薬として承認 されていない されている
女性の使用

(濃度1%は推奨されている)

目的 びまん性脱毛症の改善 発毛
副作用 腹痛、下痢、めまい、頭痛、胸焼け、動悸など 頭皮の発疹・発赤、かゆみ・かぶれなど

パントガールはあくまでびまん性脱毛症の改善を目指した薬で、発毛効果は認められていません。
さらに、治療薬として承認されていない点にも気をつけてください。

ミノキシジルは国内で唯一発毛効果を認められたAGA治療薬です。
ただ、女性は安全面から「濃度1%」のミノキシジル外用薬しか推奨されていません。
もっとも、1%でも「AGAガイドライン」では「強く勧める」と評価されています。

推奨文:ミノキシジル外用を行うよう強く勧める
(男性型脱毛症:5%ミノキシジル,女性型脱毛症:1%ミノキシジル).

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

安全に高い効果を期待したいなら、パントガールより1%ミノキシジルを試すのがおすすめです。

まとめ

パントガールについてまとめます。

  • パントガールは女性のびまん性脱毛症に効果があるとされる治療薬
  • 副作用のリスクは少ないと言われているものの、国内においては治療薬として承認されていない
  • 保険適用外なので自由診療となる
  • 個人輸入は可能だがリスクが高い
  • 発毛を期待する場合は、まず濃度1%のミノキシジル発毛剤を試すべき

パントガールには髪の毛の成長を促したり、頭皮環境を整えたりなどの効果が期待できます。
ただし、治療薬として未承認なのでリスクがあるのも事実です。
「びまん性脱毛症が改善される」と考えてすぐに購入を検討するのではなく、まずは医師に相談するのが大事です。

育毛剤・発毛剤カテゴリの最新記事