最強のミノキシジル発毛剤を選ぶには?3つの選び方を紹介!

【薬剤師監修】最強のミノキシジル発毛剤を選ぶには?3つの選び方を紹介!

「最強の発毛剤を教えてほしい」

「発毛剤ってどう選べばいいかわからない」

発毛剤はさまざまな種類がありますが、できれば最強を知りたいですよね。

AGA・薄毛治療で大事なのは「自分に合った発毛剤」なので、自分に合った発毛剤こそ「最強の発毛剤」と言えます。

この記事では、そんな最強の発毛剤の選び方に関して次の点を解説します。

この記事でわかること
  • 発毛剤を選ぶ2つのポイント
  • 濃度が高いおすすめ発毛剤
  • 価格が安い・手に入りやすい発毛剤

自分に合った発毛剤を使って薄毛治療しなければ、なかなか効果は期待できません。

記事の後半では「おすすめの発毛剤」も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の監修者

中川陽子
中川陽子薬剤師・医学修士
北海道大学大学院卒業
薬局薬剤師としてAGAや壮年期脱毛症、円形脱毛症の医薬品調剤や服薬相談を多数経験
薄毛の悩みを解決できる医学薬学知識を啓蒙することで、患者さんのより良い人生に貢献したい
と思っております。

「最強の発毛剤」とは

まず、「万人に効く最強の発毛剤」は存在しません。

その理由は2つあります。

  • 発毛剤の効果は人によって異なる
  • 薄毛の原因・進行具合も人によって違う

それぞれ解説します。

発毛剤の効果は人によって異なる

同じ発毛剤を使っても「効果がある人」「効果がない人」に分かれます。

たとえば、「最強」を「ミノキシジルの濃度」に定義した場合、「ミノキシジル5%配合の発毛剤」が「最強の発毛剤」と言えます。

国内ではミノキシジル濃度5%までしか認められていません。

しかし、5%配合の発毛剤を使ったとしても、すべての男性に発毛効果が出るわけではありません。

実際に、発毛剤を使っても「効果がない」と嘆いている方もいます。

一方で、ミノキシジルに高い発毛効果があるのは間違いありません。

科学的に発毛効果が認められていますし、臨床試験でも「平均26.4本増加した」と報告されています。

国内では,1%,および 5%ミノキシジル液を用いた,300 名の男性被験者を対象とした観察期間 24 週までのランダム化比較試験が行われ54),脱毛部 1 cm2 内の非軟毛数のベースラインからの増加は,1%ミノキシジル群が平均 21.2 本,5%ミノキシジル群が平均 26.4本と,5%ミノキシジル使用群で有意(p=0.02)に増加した.

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

つまり、ミノキシジル自体に発毛効果があるのは間違いありませんが、人によって効果の程度は大きく変わるのです。

発毛剤を使っても効果がない理由はこちらでも解説しています。

薄毛の原因・進行具合も人によって違う

薄毛は原因によって「発毛剤で改善できるもの」「改善できないもの」に分かれます。

詳しくは次をご覧ください。

症状 治療方法
AGA
  • ミノキシジルの外用
  • フィナステリドの内服
  • デュタステリドの内服
円形脱毛症
  • ステロイド外用
  • ステロイド局所注射療法
  • 局所免疫療法
脂漏性脱毛症 頭皮環境の改善

たとえば、円形脱毛症の方がミノキシジルを使ったりフィナステリド・デュタステリドを内服したりしても、症状を改善できるわけではないのです。

自分の症状がAGAなのか円形脱毛症なのかは、AGAクリニックを受診するのがおすすめです。

このように治療方法が異なるため、万人に効く「最強の発毛剤」はありません。

最強の発毛剤を探すのではなく、自分の症状に合った最適な治療方法を見つけるのが大事です。

発毛剤を選ぶポイント

上述したとおり、症状によって発毛剤の有無や選び方が異なります。

「発毛剤が必要かどうか」「どういう発毛剤を使うべきか」は、2つのポイントを踏まえたうえで考えましょう。

  • 原因を把握する
  • 適切な治療法を把握する

詳しく解説しますね。

原因を把握する

まずは「発毛剤が必要かどうか」を確認しましょう。

発毛剤が必要なのは、AGAによって「ヘアサイクルが乱れているとき」です。

自分がAGAなのかそうでないのかは、下を参考にしてください。

症状 特徴
AGA
  • 生え際から後退する
  • 徐々に薄毛が進行する
  • 抜け毛が弱々しい
円形脱毛症
  • いわゆる「10円ハゲ」がどんどん広がる
  • 一気に髪が抜ける
  • 生えている髪も抜けた髪もあまり違いがない
脂漏性脱毛症
  • 頭皮に異常がある
  • フケが多く出る

このうちミノキシジル配合の発毛剤を使うべきなのは「AGA」の方です。

円形脱毛症に関する治療方法はこちらで解説しています。

脂漏性脱毛症に関する治療方法はこちらをご覧ください。

適切な治療法を把握する

AGAの方でも、薄毛のレベルによって治療方法が異なります。

たとえば、薄毛がある程度進行している方はミノキシジルの発毛剤だけじゃなく、フィナステリド・デュタステリドの内服などが必要になる可能性が高いです。

フィナステリド・デュタステリドはどちらも「AGAガイドライン」でミノキシジル同様「推奨度:A(行うよう強く勧める)」と定められている治療法です。

フィナステリド デュタステリド

このように、AGAの原因を生み出す5αリダクターゼの働きを阻害し進行を食い止めます。

フィナステリド・デュタステリドは高い効果が期待できますが、ミノキシジルの発毛剤と違って医師の診断が必要です。

おすすめのAGAクリニックはこちらで紹介しています。

AGAの方は、どんな症状であれミノキシジル発毛剤を使って治療するのが大事です。

そこで、ここではおすすめの発毛剤を3つの視点から紹介します。

  • 濃度が高い
  • 価格が安い
  • 手に入りやすい

ぜひ発毛剤を購入する際の参考にしてください。

濃度が高い

ミノキシジル発毛剤は「5%のもの」を使うのがおすすめです。

上述したとおり、1%より5%のほうが臨床試験では高い効果を発揮しました。

ネットではミノキシジル濃度6〜15%の発毛剤もありますが、これらは治療薬として承認されていないため、万が一副作用が出ても救済制度の対象になりません。

5%のミノキシジルで約8%副作用が発現した、と報告されているため、15%ならその確率は「さらに高くなる」と予想できます。

ミノキシジルの副作用に関してはこちらをご覧ください。

価格が安い

発毛剤は価格が安いものを選ぶのがおすすめです。

なぜなら、価格が安いものも高いものも発毛効果が同じだからです。

上述したとおり発毛効果が認められている成分は「ミノキシジル」だけであり、ミノキシジルの最高濃度は5%と定められています。

そのためブランド物の発毛剤も安物の発毛剤も、ミノキシジルが5%配合されていれば効果は変わりません。

「安さで選びたい」という方はこちらの記事をご覧ください

手に入りやすい

ミノキシジル発毛剤は「手に入りやすさ」も大事です。

その理由は、継続していかなければならないからです。

ミノキシジルは少なくとも4ヶ月以上継続しなければ、あまり効果は期待できません。

ミノキシジル1本は、約2ヶ月でなくなってしまいます。

つまり、効果を実感するためには最低でも1回継続しなければならないのです。

「ネットで気軽に購入できる」など、手に入れやすさも大事にしましょう。

おすすめはヒックスミノキシジル5

上述した「おすすめ発毛剤」の条件をすべてクリアしているのがヒックスミノキシジル5です!

  • 濃度が高い:ミノキシジル濃度は国内最高の5%
  • 価格が安い:1本あたり3,000円
  • 手に入りやすい:ネットで簡単に購入可能

もっとも大きなメリットが「価格」です。

次の画像でわかるとおり、ヒックスミノキシジル5は1本あたり3,000円というリーズナブルな価格で購入できます。

HIX

AGAは早めに治療をはじめなければ、どんどん進行してしまいます。

薄毛をすこしでも改善したい方はヒックスミノキシジル5がおすすめです。