【毛髪診断士監修】キャピキシルは効果なし?有害事象の報告あり!おすすめ不可

キャピキシルは「ミノキシジルより3倍も発毛効果がある」「副作用がない」などと言われている成分です。

しかし、同時に「効果なし」と考える方も少なくありません。

この記事では、そんなキャピキシルについて「本当に効果なしなのか」「発毛効果や副作用はどうなのか」という点を徹底解説します。

【結論】キャピキシルは現段階ではおすすめできない

結論を言うと、キャピキシルは2021年12月現在においてはおすすめできません。

その理由は、発毛効果が科学的に認められていないうえに、アメリカでは数々の有害事象が報告されているからです。

キャピキシルそのものを否定するわけではありませんが、まずは科学的な根拠に基づいた治療方法を試すのが大事です。

AGAは進行性なので、科学的に根拠が認められた治療方法を試さないと時間やお金が無駄になりかねません。

また、後述しますがキャピキシルは「副作用がない」と謳いつつも、逆に脱毛・炎症などの有害事象が実際に報告されています。

以上の点から、キャピキシルを過度に信用しないようにしましょう。

キャピキシルとは

そもそもキャピキシルとは何か、というと、カナダにある化粧品会社によって開発された成分です。

簡単にミノキシジルとの違いを紹介します。

ミノキシジルとの違い

ミノキシジル キャピキシル
主成分 医薬原料
(ミノキシジル)
天然成分
(アカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド3)
副作用 あり
(頭皮の発疹・発赤、頭痛など)
ない、と言われている
(原料に対するアレルギー反応のみ)
女性の使用 ×
目的 発毛 育毛

もっとも大きいのは主成分の違いです。

キャピキシルはいわゆる「天然成分」が主成分となっており、副作用のリスクがほとんどないと言われています。

しかし、実際はキャピキシル配合の育毛剤を使って「悪化した・炎症が起きた」と報告されています。

詳しくは後述する「キャピキシルの副作用」を参考にしてください。

一方、ミノキシジルは副作用のリスクがあります。

ただ、発現率は約8%と非常に低いです。

ミノキシジルの副作用に関しては、下の記事を参考にしてください。

発毛効果はミノキシジルの3倍!?

キャピキシルは「ミノキシジルの3倍発毛効果がある」と言われています。

たしかに開発元のLUCAS MEYER COSMETICS社によると、発毛効果はミノキシジルの「3倍ある」と紹介されています。

出典:LUCAS MEYER COSMETICS

しかし、これはあくまで培養した細胞を用いた実験です。

実際の頭皮については、現在、何本増えたや何%増えたという明確なデータは出ていません。

つまり、実際に「人間の頭皮を用いて示されたデータではない」という点に注意してください。

キャピキシルは効果なし?

キャピキシルは、効果がないわけではありません。

LUCAS MEYER COSMETICS社がおこなった臨床試験によれば、4ヶ月で髪の平均密度が「13%増えた」と報告されています。

出典:LUCAS MEYER COSMETICS

しかし、この実験はわずか「30人のデータ」に過ぎません。

完全に「効果なし」とは言えないにせよ、これだけの実験結果では「ミノキシジルの3倍発毛効果がある」「AGA治療できる」とまでは考えられません。

ミノキシジルはキャピキシルの何倍、何十倍も臨床試験を繰り返した結果「発毛効果がある」と認められています。

キャピキシルの副作用

続いてキャピキシルの副作用について説明します。

キャピキシルは「安全である」と言われることが多いですが、そうとは言い切れないので信じすぎるのはおすすめできません。

副作用はない、と言われているものの安全性は定かではない

キャピキシルに「副作用はない」と言われています。

それはアカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド3などの天然成分を使用しているからです。

しかし、アメリカでは「アカツメクサ花エキスは人体に悪影響を及ぼす危険性がある」と警告しています。

One controversial ingredient the suit highlights is Capixyl – containing red clover – which some say should be on a warning label.

出典:23ABC NEWS

<日本語訳>
訴訟で強調されている物議を醸している成分の1つは、アカツメクサを含むCapixylです。これは、警告ラベルに記載する必要があると言われています。

実際に、キャピキシルを含んだ育毛剤を販売しているMotona社は、187件の有害事象報告と500件以上の苦情が申し立てられています。

The U.S. Food and Drug Administration has received and is in the process of assessing 187 adverse event reports related to Monat products. The FDA received these reports between Aug. 2, 2017 8/27/17 and March 9, 2018.

More than 500 complaints have been filed with the Better Business Bureau in South Florida, where Monat is headquartered.

出典:23ABC NEWS

<日本語訳>
米国食品医薬品局は、Monat製品に関連する187件の有害事象報告を受け取り、評価中です。 FDAは、2017年8月2日2017年8月27日から2018年3月9日までの間にこれらのレポートを受け取りました。

モナトが本社を置く南フロリダのベタービジネスビューローには、500件を超える苦情が申し立てられています。

具体的には、キャピキシル配合の育毛剤を使ったことで、かえって髪が抜けたり炎症が起きたりしたそうです。

Motona社によると「少量であれば問題ない」とのことですが、このように悪影響が報告されているのも事実です。

国内未承認であるため救済制度の対象外

万が一、副作用が出ても、「医薬品副作用被害救済制度」が使えません。

キャピキシルは医薬品として認められていないからです。

ミノキシジルは認められているため、副作用が出ても医薬品副作用被害救済制度を使えます。

以上の点から、「キャピキシルは天然成分だから安全」と考えるべきではありません。

キャピキシルより推奨されているAGA治療方法

以上の点から、キャピキシルによるAGA治療はおすすめできません。

AGA治療の方法としておすすめなのは以下の2点です。

  • フィナステリド・デュタステリドの内服
  • ミノキシジルの外用

これらはどちらも科学的根拠に基づいてAGA診療をまとめた「AGAガイドライン」において、もっとも高く推奨されています。

それぞれ詳しく解説します。

フィナステリド・デュタステリドの内服

フィナステリド・デュタステリドは「5αリダクターゼ」のはたらきを阻害できる可能性がある内服薬です。

5αリダクターゼのはたらきを阻害する効果が期待できるため、DHT(ジヒドロテストステロン)の産出を防げるのです。

フィナステリド デュタステリド

フィナステリド・デュタステリドはキャピキシルと違って「AGA治療薬」として推奨されています。

推奨されているのは、国内のプロペシア・ザガーロ(フィナステリド・デュタステリドの商品名)だけです。

「国内のプロペシア・ザガーロは高いから」といって個人輸入などを使ってしまうと、救済制度の対象外になるので注意してください。

最近はジェネリック剤も販売され、個人輸入に頼らなくても安く手に入れられるようになっています。

以下の記事では、フィナステリドの安い順におすすめのAGAクリニックをまとめています。

ミノキシジルの外用

ミノキシジルはキャピキシルと違って、科学的に発毛効果を認められています。

毛包に作用し、新しい髪の成長と発毛を促進します。

ミノキシジル 作用

ミノキシジル配合の発毛剤は、フィナステリド・デュタステリドと違ってドラッグストアなどで購入可能です。

ただし、同じ濃度でも値段が大きく異なるので注意してください。

ミノキシジル配合の発毛剤に関しては、下の記事でまとめています。

まずはHIXで薄毛を分析してみよう

キャピキシルについてまとめます。

  • 「キャピキシルは効果なし」というわけではない
  • 臨床試験である程度の効果は認められている
  • しかし、その臨床試験は対象者が極めて少なく、信頼性に欠ける
  • さらに、さまざまな有害事象が報告されている
  • 以上の点から「キャピキシルをAGA治療で使う」のはおすすめでいない

大事なのは「自分の薄毛状態に合った治療方法を選択すること」です。

薄毛の状態によって「髪を増やすべきなのか」「維持するべきなのか」が異なるからです。

まずはAGA管理アプリのHIXを使って、プロの毛髪診断士に薄毛状態を分析してもらいましょう!

この記事の監修者

日野
日野毛髪診断士
公益社団法人日本毛髪科学協会が認定する「毛髪診断士®」
(19年12月取得|認定番号:第A20185号)
AGAアプリ「HIX」専属の毛髪診断士として、3千人以上の方の相談やカウンセリングなどを担当