【薬剤師監修】アデノシン配合の育毛剤アデノゲンEXは薄毛・AGAにおすすめ?効果などを徹底解説

【薬剤師監修】アデノシン配合の育毛剤アデノゲンEXは薄毛・AGAにおすすめ?効果などを徹底解説

「最近、髪の毛にコシがなくなってきたな」

「将来の薄毛が不安だから、早いうちから育毛に取り組みたい」

アデノゲンEXはそんな方におすすめです。

なぜなら、アデノゲンEXの成分である「アデノシン」は、臨床試験によって髪の毛を太く、強くすることが認められているからです。

また、「AGAガイドライン」においてもアデノシン配合の育毛剤をAGA治療に使用することが推奨されています。

特に、20歳未満の若い男性の場合、フィナステリドやミノキシジルは使えませんし、20歳以上の方でも、ミノキシジル外用で頭皮のかぶれなど副作用が起きてしまう方もいます。

そのような方にアデノゲンEXはおすすめです。

この記事では、そんなアデノゲンEXの効果や成分、発毛剤との違いなどを解説します。

アデノゲンEXとは

「アデノゲンEX」とは、資生堂から発売されているアデノシン配合の発毛促進・育毛剤です。

ここではそんなアデノゲンEXの効果、成分、注意点 について解説します。

効果

資生堂の公式サイトに記載されているアデノゲンEXの効果は以下のとおりです。

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛

引用:資生堂

FGF-7と呼ばれる発毛促進因子を生み出して、毛根の成長期を延長させたり血行を促進させたりする効果があります。

成分

アデノゲンEXの成分は以下のとおりです。

アデノシン*,β-グリチルレチン酸*,パントテニールエチルエーテル*,l-メントール*,クジン抽出液*,酢酸DL-α-トコフェロール*,ニンジンエキス*,エタノール,精製水,ジプロピレングリコール,ソルビット液,イソステアリルアルコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,1,3-ブチレングリコール,デシルテトラデシルジメチルアミンオキシド液,ラウリル硫酸ナトリウム,DL-リンゴ酸,サンショウエキス,ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液,ホップエキス,クアチャララーテ抽出液,アマチャエキス,クマノギクエキス *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

引用:資生堂

有効成分の効果・効能については以下をご覧ください。

成分

効果

アデノシン 発毛促進
β-グリチルレチン酸 炎症・かゆみ・フケの原因となる皮脂や常在菌のバランスの乱れに作用する
パントテニールエチルエーテル 毛髪に栄養を補給する
l-メントール 清涼感を与える
クジン抽出液 血行促進作用
酢酸DL-α-トコフェロール 血行促進作用
ニンジンエキス 血行促進作用

アデノシンを除いた有効成分は、一般的なミノキシジル配合の発毛剤や育毛剤にも含まれていることが多いです。

アデノシンの効果に関しては後述していますので、参考にしてください。

注意点

医薬部外品なので、重大な副作用を引き起こすリスクはほぼありません。

ただし、公式サイトではこのように注意喚起されています。

頭皮に傷やはれもの・湿しん・色抜け(白斑等)や黒ずみなどの異常が生じていないかよく注意して使用してください。頭皮に合わないときは、使用を中止し、皮ふ科医などにご相談ください。

引用:資生堂

頭皮環境を十分に整えて、清潔な状態で使いましょう。

万が一、塗布することでかゆみ・痛みなどを覚えたら、上記した注意点どおり使用を中止して早めに医療機関を受診してください。

育毛剤と発毛剤の違い

薄毛を治療・改善する市販薬には2種類あります。

  • 育毛剤
  • 発毛剤

これらは似ているようで違います。

詳しくはこちらをご覧ください。

発毛剤 育毛剤
目的 新しい毛を増やす 生えている毛を維持させる
分類 医薬品 医薬部外品等
ミノキシジル 含まれている 含まれていない

もっとも大きなのは「ミノキシジルが含まれているかどうか」です。

ミノキシジルとは、国内で唯一発毛効果を認められた成分です。

アデノゲンEXは、このうち「育毛剤」に該当します。

なぜかというとミノキシジルが含まれていないため、発毛効果が認められていないからです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【2021年最新】これだけ見れば大丈夫!間違いのない発毛剤・育毛剤の選び方

他の育毛剤との違い

アデノゲンEXを、ネットで人気なものや大手商品と比較してみました。

有効成分

値段

販売元

アデノゲンEX アデノシン、β-グリチルレチン酸、パントテニールエチルエーテル、l-メントール、クジン抽出液、酢酸DL-α-トコフェロール、ニンジンエキス 7,150円 株式会社資生堂
チャップアップ 育毛ローション センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、トコフェロール酢酸、エステル、D-パントテニルアルコール 8,840円 株式会社ソーシャルテック
スカルプD 薬用育毛スカルプトニック 酢酸-DL-α-トコフェロール、タマサキツヅラフジアルカロイド、グリチルリチン酸2K 3,300円 株式会社アンファー
ポリピュアEX ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、パントテニルエチルエーテル 7,900円 シーエスシー株式会社
ニューモ HGP(独自成分)、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、D-パントテニルアルコール 5,500円 株式会社ファーマフーズ

「グリチルリチン酸ジカリウム」「D-パントテニルアルコール」など、ほとんどの育毛剤は有効成分が似通っています。

これらの有効成分は発毛効果が認められていません。

「今ある髪を強く・太くする」という目的ではおすすめですが、ミノキシジル配合の発毛剤と違って「髪を増やしてAGAを治療する」ことはできないので注意しましょう。

アデノゲンEXに含まれている「アデノシン」と呼ばれる成分は、臨床試験において高い育毛効果が科学的に認められています。

詳しくは以下をご覧ください。

アデノゲンEXの主成分であるアデノシンについて

上で見たとおり、アデノゲンEXには他の育毛剤には含まれていないことの多い「アデノシン」が配合されています。

ここではそのアデノシンについて解説します。

「AGAガイドライン」では発毛効果があるとされている

AGA治療を科学的な根拠に基づいてまとめた「AGAガイドライン」において、「アデノシンの外用」は「推奨度:B(行うよう勧める)」とされています。

さらに、アデノシンの臨床結果を次のように紹介しています。

男性型脱毛症に関して,0.75%アデノシン配合 ローションを用いた,101 名の男性被験者を対象とし た観察期間 6 カ月間のランダム化比較試験において, 毛髪径・軟毛率・太毛率の中等度改善以上の改善率は, アデノシン配合ローション群は51名中41名(80.4%), 対照群は 50 名中 16 名(32.0%)であった。

引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

このように、アデノシンの外用は髪を強く・太くする作用があると科学的に認められているのです。

ただし、注意すべき点もある

注意すべきなのは、有用性が認められたのは「0.75%アデノシン配合ローション」という点です。

つまり、アデノゲンEXに含まれるアデノシンの量が0.75%未満の場合は、試験の同じような有用性があるとは限りません。

したがって、「アデノゲンEXにはアデノシンが含まれているから、使うと髪が生える」とは考えないほうがいいでしょう。

AGA予防は可能だが、高い予防効果を期待するのは難しい

「AGAガイドライン」において推奨されていることから、アデノシンはAGA治療に対して一定の効果があります。

ただし、ミノキシジルの外用やフィナステリド・デュタステリドの内服ほどではありません。

今ある髪を強く・太くするという目的ならおすすめですが、発毛を期待する場合はミノキシジル配合の発毛剤を使いましょう。

ドラッグストアやネットショップでは、アデノゲンEXよりはるかに安いミノキシジル製剤がたくさん販売されています。

市販のミノキシジル製剤は、アデノゲンEXと違って「ミノキシジル◯g」と含有量が表示されていることが多いです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【2021年最新・薬剤師監修】ミノキシジルの外用薬を比較してみた!選び方や注意点を解説

アデノシンよりも推奨されているAGA治療方法

「AGAガイドライン」においてアデノシンよりも推奨されているのは以下の3つです。

  • フィナステリドの内服
  • デュタステリドの内服
  • ミノキシジルの外用

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

それぞれを簡単に説明します。

フィナステリド・デュタステリド

フィナステリド・デュタステリドは、どちらもAGAの原因を根本から治療する内服薬です。

AGAは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させることで発症します。

フィナステリド・デュタステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害させる効果があるのです。

フィナステリド デュタステリド

フィナステリドとデュタステリドはどちらも同じ作用ですが、違う点も多々あります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【薬剤師監修】フィナステリドとザガーロなら、フィナステリドからはじめよう。その違いとは。

ミノキシジルの外用

ミノキシジルは毛母細胞の成長や発毛を促進させる成分です。

AGAによる乱れたヘアサイクルを正常化させる働きがあります。

ミノキシジル 作用

フィナステリド・デュタステリドでAGAの進行を食い止めつつ、ミノキシジルで発毛を促進させるのが大事です。

ミノキシジルに関しては、 こちらの記事を参考にしてください。

【薬剤師監修】本当にリアップでいいの? 賢いミノキシジル製剤の選び方

まとめ

アデノゲンEXについてまとめます。

  • アデノゲンEXは資生堂の育毛剤
  • 他の育毛剤と違ってアデノシンが含まれている
  • しかし、アデノシンがどのくらい含まれているかはわからない
  • 髪を増やすなら市販のミノキシジル外用薬を使うのがおすすめ
  • フィナステリド・デュタステリドなどの服用も検討する
  • 20歳未満の方、ミノキシジル外用で副作用が起きてしまった方におすすめ

大事なのは「自分にとってアデノゲンEXが必要なのか」を見極めることです。

まずはHIXを使って薄毛を診断してもらい、自分に合った治療方針を見極めましょう!

この記事を監修したHIXスタッフ

薬剤師 金澤大介

育毛剤・発毛剤カテゴリの最新記事