【毛髪診断士監修】30代薄毛の特徴・原因・おすすめ治療法などを徹底解説

【毛髪診断士監修】30代薄毛の特徴・原因・おすすめ治療法などを徹底解説

「30代で薄毛対策するのはもう遅いのかな…」

このように不安を抱く方も少なくありませんよね。

30代の薄毛対策はまったく遅くありませんし、むしろ今からでもやるべきです。

ただ、「何からはじめればいいか、どんなことをすればいいかわからない」という方も多いでしょう。

そこでこの記事では、30代の薄毛対策・治療について徹底解説します。

30代で薄毛対策はもう遅い?

30代で薄毛対策を考える方は非常に多いです。

ただ、中には「薄毛は対策が大事だからもう遅いのでは」と考える方もいますよね。

結論を言えば、30代でも遅くありませんが早めに治療するのが大事です。

遅くない

30代からの薄毛治療・薄毛対策はけして遅くありません。

なぜなら一般的に30代は「AGAの進行が現れる年代」であり、手遅れになっていないケースが多いからです。

AGA診療を科学的根拠に基づいてまとめた「AGAガイドライン」においても、このように解説されています。

日本人男性の場合には 20 歳代後半から 30 歳代にかけて著明となり,徐々に進行して 40 歳代以後に完成される.

引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

つまり、30代という年齢だけ見ると、「けして遅いわけではない」と言えるわけです。

AGAは進行性なので、早めに治療するべき

AGAの症状は人によって変わります。

以下の画像は「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれるAGAの症状を分類したものですが、生え際から頭頂部が薄くなるケースもあれば、前頭部から薄毛になる場合もあるのです。

ハミルトン ノーウッド

いずれの場合も、大事なのは「早期発見」だと考えてください。

なぜかというと、AGAは治療しない限りどんどん進行してしまうからです。

最終的に毛母細胞が死滅し、AGA治療しても髪が生えてこなくなってしまいます。

ヘアサイクル

以上のことから、30代からの薄毛対策は遅くないどころか、「早めにはじめるべき」と言えるのです。

30代薄毛の特徴

ここでは30代薄毛の特徴を紹介します。

ここで紹介する特徴に当てはまった方はAGAの可能性があるので気をつけてください。

30代薄毛の割合

合同会社fortitudeの調査によると、30代で薄毛に悩んでいる男性は5.9%です。

(引用:PR TIMES)

AGAクリニックである「Dクリニック」によると、30代でAGAを発症するのは12%程度です。

以上のことから「6〜12%の30代男性が薄毛で悩んでいる」とわかります。

ただし、これらはあくまで「AGAクリニックを受診した方」であり、「自分が気付いていないだけ」というケースもゼロではありません。

「AGAガイドライン」によると、30代日本人男性の20%にAGAの可能性があります。

25 年前の本邦における男性型脱毛症の統計から,日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約 30%と報告されている8).この発症頻度は現在もほぼ同程度であり,20 代で約 10%,30 代で 20%,40 代で 30%,50代以降で 40 数%と年齢とともに高くなる9).

引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

「自分は大丈夫」などと思わずに、心当たりがある場合はAGAを疑うべきでしょう。

薄毛の種類でもっとも多いのがAGA

薄毛には、老化以外にさまざまな種類があります。

  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症など

この中でもっとも多いのがAGAです。

ただ、「自分がAGAなのか円形脱毛症なのかわからない」という方もいますよね。

「AGAかどうか」を確認するには「2cmチェック法」を試してみましょう。

耳の中央から垂直に線を引き、その2cm前方にも同じように線を引いてください。

自分の生え際がその線より前方ならAGAの可能性が低く、後方なら可能性が高いと言えます。

他にも、抜け毛が弱々しかったり年単位で薄毛が進行していたりする場合、AGAが疑われます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【毛髪診断士監修】男性型脱毛症の種類や原因を解説!無料でチェックする方法も

30代薄毛の主な原因

AGAの原因は「男性ホルモンにある」ことがわかっています。

加えて、「遺伝も強い関係にある」とされています。

男性ホルモン

AGAは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が男性ホルモンであるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することで発症します。

DHTが脱毛因子や脱毛タンパクを放出することによって、毛母細胞にダメージを与えるのです。

DHT ジヒドロテストステロン

つまり、「5αリダクターゼの量が多い人」ほど「AGAを発症しやすい」と言えるわけです。

遺伝

DHTは「アンドロゲンレセプター(受容体)」と反応して、脱毛因子や脱毛タンパクを放出します。

そのため「アンドロゲンレセプターの感度が強い人」ほど「AGAを発症しやすい」わけですね。

アンドロゲンレセプターはX染色体上に存在することがわかっています。

X染色体は女性から遺伝するため、母方の父がAGAであれば自分もAGAのなる可能性がある、と言えるのです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【男性必見】将来禿げる人の特徴ベスト3効果的な対処法も紹介

30代薄毛の主な治療法

上で説明したとおり、AGAは治療しなければどんどん進行してしまいます。

逆に言うと、AGA治療を続けさえすれば、薄毛は改善が期待できるのです。

まずは治療の方向性を見極めよう

まず、自分がどういう方向性でAGA治療するのか見極めましょう。

なぜ見極めが必要なのかというと、AGA治療は長い目で取り掛からなければならないからです。

たとえば、軽度の方が重度の方と同じような治療をしても、一定の効果はありますがコストがかかりすぎてしまいます。

だからこそ、「新しい髪を生やすのか」「今ある髪を維持するのか」など方向性を決めるのが大事なのです。

なお、AGAガイドラインにおいて、「推奨度A(行うよう強く勧める)」とされている治療方法は以下をご覧ください。

  • フィナステリドの内服
  • デュタステリドの内服
  • ミノキシジルの外用

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

フィナステリド・デュタステリドとミノキシジルの違いについては、次で解説します。

内服薬

フィナステリド・デュタステリドは、それぞれプロペシア・ザガーロという商品名で販売されているAGA治療薬です。

どちらもAGAの原因を引き起こす5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

フィナステリド デュタステリド

フィナステリド・デュタステリドの違いなどに関しては、こちらの記事をご覧ください。

【薬剤師監修】フィナステリドとザガーロなら、フィナステリドからはじめよう。その違いとは。

ミノキシジルの外用

ミノキシジルは国内において唯一、発毛効果が認められた成分です。

毛母細胞に作用して、髪の成長と発毛を促進させます。

ミノキシジル 作用

ミノキシジルに関しては、こちらの記事をご覧ください。

【2021年最新・薬剤師監修】ミノキシジルの外用薬を比較してみた!選び方や注意点を解説

30代におすすめな薄毛対策

30代になったら薄毛対策をはじめることをおすすめします。

なぜなら、髪はAGAじゃなくても老化や頭皮の悪化、生活環境によっても抜けることがあるからです。

そこで、ここでは30代におすすめな薄毛対策を紹介します。

正しくシャンプーする

正しくシャンプーしないと頭皮に汚れが残ったり、頭皮を傷つけてしまったりします。

おすすめな髪の洗い方は、こちらを参考にしてください。

シャンプー ヘアケア

髪を洗ったら、できる限り早めに乾かすのがおすすめです。

濡れたままだと雑菌などが繁殖しやすくなってしまうからです。

おすすめのシャンプーに関しては、こちらの記事をご覧ください。

【2021年最新】禿げないためのおすすめシャンプー4選!悩み・肌質別に紹介!

市販の発毛剤や育毛剤を使用する

市販の発毛剤・育毛剤も薄毛対策に効果的です。

ただし、発毛剤と育毛剤は作用が違うことに注意してください。

発毛剤と育毛剤の違いは以下のとおりです。

発毛剤 育毛剤
目的 新しい毛を増やす 生えている毛を維持させる
分類 医薬品 医薬部外品等
ミノキシジル 含まれている 含まれていない

詳しくはこちらの記事でもまとめています。

【2021年最新】これだけ見れば大丈夫!間違いのない発毛剤・育毛剤の選び方

AGA治療を始める

AGAの疑いがある場合、具体的に治療をはじめるのも大事です。

「自分がAGAなのかわからない」

「どんな治療をすればいいかわからない」

という方は、HIXで薄毛を分析してもらうのもおすすめです。

HIXは無料で使えるAGA管理アプリで、プロの毛髪診断士とAIが自分の薄毛状態を診断してくれます。

hix

さらに、アプリ内で最適な予防・対策を知れたり、カウンセラーに相談できたりするのです。

詳しい使用感などはこちらの記事をご覧ください。

https://blog.hix-selfcheck.com/category/hix/

生活習慣を改善する

生活習慣の改善も薄毛の対策・予防につながります。

具体的には、こういった改善方法がおすすめです。

  • 禁煙する
  • 十分な睡眠を取る
  • 栄養バランスを見直す

禁煙は健康にも髪にも良い影響を与えません。

また喫煙や飲酒などの嗜好品を好む人はAGAが進行している傾向がみられたことにより、喫煙や飲酒はAGAの進行に影響を与えている可能性が示唆されました。

引用:PRTIMES「飲酒や喫煙をする人は要注意!?約23万8,000件のAGA患者カルテデータから因果推論で解明」

薄毛に悩んでいる方は、喫煙を控えるようにしましょう。

睡眠は、髪に成長ホルモンを与える上で大事です。

栄養バランスは、髪の3大栄養素とされるたんぱく質、ビタミン、亜鉛が多く摂れるよう食生活を見直してください。

中でも亜鉛は髪の生成をサポートする重要な役割を果たす一方で、意識しないとなかなか摂取できません。

亜鉛 効果

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【栄養士監修】亜鉛の一日の摂取量目安は?おすすめの摂取方法も紹介!

まとめ

30代の薄毛対策についてまとめます。

  • 30代の薄毛治療・対策は遅くない
  • むしろ、AGAは気付いたときにすぐはじめるのが大事
  • AGAを放置するとどんどん薄毛が進行してしまう
  • 科学的根拠のあるAGA治療をはじめよう
  • AGAじゃなくても薄毛対策するべき

30代の男性は、女性から「もっとも魅力的な年齢」とされることも多いです。

今のうちに薄毛対策をはじめればたくさんの女性に好印象を抱いてもらいやすくなりますし、QOLも上昇しますよ!

この記事を監修したHIXスタッフ

毛髪診断士 日野

薄毛・AGAカテゴリの最新記事