【毛髪診断士監修】若ハゲの原因と予防・治療法まとめ|科学的な観点から説明

【毛髪診断士監修】若ハゲの原因と予防・治療法まとめ|科学的な観点から説明

いわゆる「若ハゲ」の方がAGAの予防や治療をする上で大事なのは、「原因や治療法を正しく把握しておくこと」です。

そうすることでAGAの進行を遅らせることができ、ある程度の改善も期待できます。

ただ、「何が正しくて何が間違っているのかわからない」という方も多いでしょう。

そこで、この記事では若くしてハゲ(AGA)が見られる方のために、原因や対策・治療法を詳しく解説します。

若ハゲとは

一般的に、10代や20代など若くして脱毛症になることを「若ハゲ」と呼ぶことが多いです。

医療機関やAGAクリニックでは、「若ハゲ」よりも「若年性脱毛症」という名称が使われる傾向にあります。

ただし、「若年性脱毛症」という病気はありません。

そもそも脱毛症自体、病気ではなく症状であるため、「若年性脱毛症」も「壮年性脱毛症」も同じ「脱毛症」なのです。

そのため、10代〜20代を「若年性脱毛症」としているところもあれば、20〜30代と定義しているクリニックもあります。

若年性脱毛症は、言葉の通り若い年代の、10代後半から20代前半の方に発症する脱毛症のことを言います。

引用:クリニックフォア「AGA(薄毛)に悩む高校生が増えているって本当?若ハゲについて医師が解説します。」

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、20代~30代で起こる若年性脱毛症と、40代~50代で起こる壮年性脱毛症に分けられます。

引用:アイメッド「若いのにハゲるの?若者の薄毛の原因と予防、対策」

このように定義はさまざまですが、大事なのは「AGAは10代後半でも発症するケースがある」という点です。

そのため、ここでは「10代後半から30代まで」を「若ハゲ」と定義して、原因と予防を解説します。

若ハゲの原因

若くして髪が薄くなるのには、さまざまな原因があります。

10代後半から30代までの男性で、「もしかしたら薄くなってきたかも」と感じる方はぜひ目を通してください。

AGA

もっとも多いのがAGAです。

上記した「若年性脱毛症」「壮年期脱毛症」などと称される脱毛症は、このAGAを指すことが多いです。

AGAになると「髪が抜ける→成長する→生える」というヘアサイクルが乱れ、「抜ける→生える→抜ける」と成長期が短くなり、最終的に死滅してしまいます。

ヘアサイクル

AGAは男性ホルモンがもっとも大きな原因です。

具体的に言えば、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき、脱毛因子や脱毛タンパクを放出するDHT(ジヒドロテストステロン)に変化して発症します。

DHT ジヒドロテストステロン

よく勘違いする方が多いですが、このように男性ホルモンが原因であるため、「ストレスのためすぎ」や「マスターベーションのしすぎ」などはなんの関係もありません。

他にも、AGAは「遺伝」に関係することも示唆されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【男性必見】将来禿げる人の特徴ベスト3効果的な対処法も紹介

円形脱毛症

円形脱毛症の原因は、AGAと違って男性ホルモンではありません。

具体的にはこういった原因が挙げられます。

  • 自己免疫疾患
  • アトピー素因
  • 精神的ストレス
  • 遺伝

参考:円形脱毛症.com「円形脱毛症の発症の原因」

AGAとの見分け方に関しては後述するので、そちらをご覧ください。

円形脱毛症については、こちらの記事でまとめています。

【薬剤師監修】円形脱毛症の治療薬をガイドラインに則って紹介!推奨度が高いものを厳選

一時的な脱毛

他にも、抜け毛には季節的・環境的な原因があります。

たとえば、秋は他の季節よりも「抜け毛が多くなる」と言われています。

また、日常的に頭部に強い刺激を与えていたり、頭皮に異常があったりする場合も抜け毛につながります。

この場合、AGAや円形脱毛症ではないので、原因を突き止め対処すれば薄毛は改善する可能性が高いです。

若ハゲのセルフチェック

上記したように、数ある脱毛症の中でもAGAのケースがもっとも多いです。

だからこそ、若ハゲを心配する方は「自分がAGAかどうか」をチェックするのが大事です。

AGAの特徴

AGAの特徴はこちらをご覧ください。

  • 薄毛が徐々に進行している
  • 抜け毛が細く、弱々しい
  • 生え際など薄くなってきている部分がある

これらに当てはまった場合、AGAの可能性が疑われます。

AGAは、人によって進行のパターンが違うので気をつけてください。

ハミルトン ノーウッド

こちらは「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれる、AGAの症例をまとめた図です。

「AGA」というと生え際の後退をイメージする方も多いでしょうが、このように「生え際→全体的に薄くなるパターン」もあれば「前頭部・頭頂部から薄くなるパターン」もあるのです。

2cmセルフチェック方法

AGAの可能性があるかどうかを、自分で簡単にチェックできる方法があります。

耳の中心部から、頭の先まで縦に垂直の線を引いてください。

自分の生え際が、その線から2cm前方より後ろからどうかを見極めましょう。

2cmより前方であれば問題はなく、後方であれば「AGAの可能性が高い」と言えます。

HIXで薄毛を分析

2cmチェック法をおこなっても、「自分ではよくわからない」という方もいます。

そういった方は、HIXを使って薄毛分析するのがおすすめです。

HIXは頭皮の写真を撮影して送信するだけで、AIと毛髪診断士が無料で薄毛を診断してくれるアプリです。

「AGAの可能性があるかどうか」だけでなく、今後の予防・対策方法を教えてくれて、さらにカウンセラーに相談できます。

こちらで実際の使用感を説明しているので、参考にしてみてください。

【男性必見】HIXってどんなアプリ?実際に使ってみた!最新の口コミ・評判も紹介

若ハゲの予防・おすすめ治療法

AGA予防・対策は、早めに取り組むのが大事です。

ここでは誰でもできるAGA予防・対策をいくつか紹介します。

早めにAGAクリニックを受診

まずは自分がどういった状態なのかを客観的に診断してもらうのがおすすめです。

中には「行きづらい」と感じる方もいるでしょうが、このように10代・20代が受診するケースも増えています。

当クリニックにも、薄毛の悩みを抱える若い世代の患者様が多く来院されますが、中には10代で薄毛が目立ち始め、早めのAGA対策を希望される方もいらっしゃいます。

引用:AGAメディカルケアクリニック「AGA治療は何歳からはじめられる?|AGAと年齢の関係性や気になる年齢別発症率を解説」

AGAメディカルケアクリニックでは、このような指摘もあります。

また、若くしてAGAを発症した患者様は、30〜40代で発症した患者様よりも薄毛の進行スピードが早い傾向にあります。

引用:AGAメディカルケアクリニック「AGA治療は何歳からはじめられる?|AGAと年齢の関係性や気になる年齢別発症率を解説」

「行きづらい」と感じてクリニックを受診せず、AGA予防・対策を怠ってしまうと、AGAがどんどん進行する危険性があるので気をつけてください。

最近では、初診からオンライン診療してもらえるクリニックも増えています。

(参考:銀座総合美容クリニック

「AGAクリニックに行きづらい」「近くに受診できるところがない」という場合、オンライン診療を利用してみましょう。

未成年の場合、AGAクリニックの受診は保護者同伴が必要な場合もあります。

フィナステリド、デュタステリド

AGA治療において参考にするべきなのが、「AGAガイドライン」です。

「AGAガイドライン」はAGA治療の方針をまとめたもので、科学的根拠やエビデンスに則った治療法が紹介されています。

その中で、推奨度A「行うよう強く勧める」とされている治療法が、「フィナステリド・デュタステリドの外用」です。

これらはともに上述した「5αリダクターゼ」の働きを阻害するもので、AGA治療において非常に高い効果が期待できるとされています。

フィナステリド デュタステリド

(プロペシアはフィナステリドの、ザガーロはデュタステリドの商品名です)

フィナステリドもデュタステリドも同じ効果ですが、作用する「5αリダクターゼ」の種類が違います。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【薬剤師監修】フィナステリドとザガーロなら、フィナステリドからはじめよう。その違いとは。

ミノキシジルの外用

ミノキシジルの外用も、「AGAガイドライン」において推奨度A「行うよう強く勧める」とされています。

フィナステリド・デュタステリドは内服薬ですが、ミノキシジルは肌に直接塗布し、髪の成長と発毛を促します。

ミノキシジル 作用

日本には「発毛促進!」「髪が生える!」などと謳った育毛剤や商品がありますが、国内において発毛効果が認められているのはミノキシジルだけです。

ミノキシジルの外用は、フィナステリド・デュタステリドの内服と併用するのがおすすめです。

フィナステリド・デュタステリドの内服がAGAを食い止めるための「守り」だとしたら、ミノキシジルの外用は新しい髪の発毛を促す「攻め」だと考えてください。

ミノキシジルに関しては、こちらの記事でまとめています。

【2021年最新・薬剤師監修】ミノキシジルの外用薬を比較してみた!選び方や注意点を解説

まとめ

若ハゲについてまとめます。

  • 10代、20代でもAGAを発症する可能性がある
  • AGAは早めに予防・対策しておかないとどんどん進行する
  • そのためにも、まずは「自分がAGAかどうか」をチェックすべき
  • クリニックの受診やHIXの使用がおすすめ
  • 治療方法は科学的根拠に基づいたものを選択する

今回紹介した予防や対策を実践して、人生のQOLを高めましょう!

この記事を監修したHIXスタッフ

毛髪診断士 日野

薄毛・AGAカテゴリの最新記事