【毛髪診断士監修】ヘア トニックのデメリットは3つ!髪が生えるわけではないので注意

【毛髪診断士監修】ヘア トニックのデメリットは3つ!髪が生えるわけではないので注意

男性なら美容院などで頭皮に冷たい液体を押し立てられた方も多いですよね。

あれは「ヘアトニック」という頭髪に爽快感を与えるためのものです。

この記事では、そんなヘアトニックの効果やメリット・デメリットについて解説します。

ヘアトニックとは

ヘアトニックとは「頭髪における栄養剤」です。

「ジントニック」「トニックウォーター」などを想像する方も多いでしょうが、「トニック」という単語には「強壮剤」「栄養剤」という意味もあるのです。

日本におけるヘアトニックは、主に頭皮に対する「保湿成分や抗炎症成分が含まれている製品」を意味します。

育毛剤との違い

そもそもヘアトニックは「保湿成分や抗炎症成分が含まれている製品」という意味なので、育毛剤も「ヘアトニックである」と言えます。

実際に、スカルプDやチャップアップなどの育毛剤は「ヘアトニック」と謳っていることも少なくありません。

ただ、中には「ルシード」や「柳屋ヘアトニック」など、育毛剤ではなく「ヘアトニック」として販売されているものもあります。

こういった商品と育毛剤は何が違うのかというと、こちらをご覧ください。

  育毛剤 ヘアトニック
目的 頭皮の環境改善
生えている毛の維持
保湿
よく含まれている有効成分 センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
D-パントテニルアルコールなど
エタノール
メタノール
パンテノール
酢酸トコフェノールなど
育毛の効果 高い 低い
リラックス効果・清涼感 弱い 強い

一般的なヘアトニックは育毛剤に比べて成分が少なく、それほど育毛効果が高くないというデメリットがあります。

一方、香料やメントールが含まれているものも多く、リラックス効果や清涼感は高いです。

髪の維持をしたい場合は育毛剤、頭皮を保湿したり爽快感を与えて疲れを癒やしたりしたい方はヘアトニックを使ってみましょう。

ヘアリキッドとの違い

ヘアリキッドはヘアトニックと全然違い、ワックスやポマードと同じような「整髪料」です。

ワックスやポマードほど整髪効果は高くありませんが、髪にツヤが出たりなじませやすかったりするというメリットがあります。

だからこそつけたことを忘れてそのまま寝てしまう、などといったデメリットもあるので注意してください。

整髪料をつけたまま寝てしまうと、頭皮に悪影響を与えてしまいかねませんよ。

ヘアトニックのメリット

ヘアトニックにはさまざまなメリットがあります。

これらに魅力を感じた場合は、一度使ってみることをおすすめします。

頭皮を保湿してくれる

まず、ヘアトニックに含まれているパンテノールや酢酸トコフェノールは、頭皮を保湿してくれる効果があります。

頭皮は体の中でも特に乾燥しやすい部位です。

特に男性のシャンプーは洗浄力が強いものも多いですし、髪が短いためドライヤーの風がダイレクトに当たりやすいです。

乾燥しすぎると皮脂が余分に分泌され、頭皮が脂質になり、さまざまな肌トラブルを引き起こしかねません。

ヘアトニックは保湿成分が含まれているので、乾きやすい男性の頭皮をしっかり守ってくれるのです。

香りでリラックスできる

ヘアトニックは香りが付けられているものも多いです。

頭皮環境が悪くなると毛穴が詰まり、においが発生してしまう場合もあります。

ヘアトニックをつけることでにおいを防ぎ、まくらなどの寝具も悪臭が付きにくくなる可能性があるわけです。

清涼感がありつけ心地が高い

ヘアトニックに多く含まれているメントールは、頭皮に清涼感を与えてくれます。

強い育毛効果があるわけではありませんが、頭皮がひんやりと冷たくなるため、清涼感が体に広がっていきリラックスできますよ!

ヘアトニックのデメリット

ヘアトニック自体は深刻なデメリットがあるわけではありません。

ただ、好き嫌いが分かれる部分もあるので気を付けてください。

発毛などの効果はない

まず、ヘアトニックに発毛効果はありません。

勘違いしている方が多いのですが、国内で発毛効果を認められている成分は「ミノキシジル」だけです。

つまり、ミノキシジルが含まれていなければ、国内において科学的な発毛の根拠は認められていないのです。

ヘアトニックや育毛剤はあくまで「髪の保湿」や「髪の維持」が目的であり、発毛効果はありません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

人によって肌荒れなどのリスクがある

こういった特徴が見られた場合、使用を中断してください。

  • ヒリヒリした痛み
  • 頭皮が赤い、かゆい
  • ブツブツができてきた
  • ベタベタする大きなフケが増えた

肌荒れした状態でヘアトニックを使うと、症状がより悪化する恐れがあります。

繰り返す場合は医療機関でパッチテストを受けてみるのもおすすめです。

香りやべたつきに好みがある

ヘアトニックによって香りやつけ心地は違います。

「好みじゃないな」と感じる場合は、無香料のヘアトニックを使うか使用を中断しましょう。

ヘアトニックはリラックス効果を得る目的もあるので、自分好みではないものを使い続ける必要はありません。

おすすめヘアトニック

ここからはおすすめのヘアトニック商品をいくつか紹介します。

気になる商品があったら実際に使ってみるのがおすすめですよ。

柳屋 ヘアトニック 微香性シトラス

(引用:Amazon

こちらはメントール配合でシトラスの香りが楽しめるヘアトニックです。

Amazonの評価も高く、2021年3月現在5段階中4.1が付けられています。

強い育毛効果があるわけではありませんが、爽快感やリラックス効果を得たい方にはおすすめですよ。

レビューはこちらをご覧ください。

 

 

風呂上がりに頭皮にふりかけると、気が狂うほど気持ちええんじゃ。
(引用:Amazon

 
 

おじさんくさい物ではなく、爽やかないい香がほのかにします。若い方にも気兼ねなく使えると思います!

(引用:Amazon

 

ヘアトニック育毛剤LUCIDO(ルシード) ヘアトニック

「柳屋は香りがちょっと」という場合、ルシードの無香料ヘアトニックを使ってみましょう。

大手である「マンダム」のヘアトニックなので、信頼性は抜群だと言えます。

すっきりとしたデザインなので、使っていても恥ずかしくありませんよ。

 

無香料というのがおすすめ。
使い心地も優秀です。
なので、ずっと使い続けてます。

(引用:Amazon

 

 

安価でどこでも手に入る無香料のヘアトニックとなるとこの商品一択です。成分由来のアルコール、メンソール臭はしますがすぐに揮発して気にならなくなります。夏は皮脂コントロール冬は乾燥防止と1年中使えます。

(引用:Amazon

ヘアトニックではAGA治療できない!

ヘアトニックは髪を生やすものでもなければAGA(はげ)を治療するものではありません。

ヘアトニックのメリット・デメリットを把握して、自分のニーズに合っているか確認しましょう。

化粧水のような位置づけ

ヘアトニックは保湿やリラックス効果が目的であるため、「化粧水のような役割」だと考えてください。

肌にトラブルが起きたとき、「化粧水で治そう」と考える人はいませんよね。

ヘアトニックをつけても頭皮環境は劇的に改善するわけではありませんし、AGAも治療できないのです。

AGAは治療しないとどんどん進行する

AGAは進行性なので、治療しないと止まりません。

逆に言えば、きちんと治療すれば進行を遅らせることができるわけです。

たとえば、上でも触れた「ミノキシジル配合の発毛剤」を使うと、ミノキシジルが毛母細胞に作用し発毛を促進させます。

ミノキシジル 作用

ミノキシジルの外用薬はAGA診療の方針をまとめた「AGAガイドライン」でもっとも高く推奨されていますし、ドラッグストアなどで購入できます。

こちらの記事をご覧ください。

まずはHIXで薄毛を分析してみよう

中には「そもそも自分がAGAなのかわからない」という方もいますよね。

そういった方は、HIXで薄毛分析してみるのもおすすめです。

頭皮の写真を送るだけで、プロの毛髪診断士とAIがすぐに薄毛を分析してくれますよ!

無料で使えますし、おすすめのクリニックやおすすめの方針も教えてくれるので気になる方はまず使ってみましょう。

この記事を監修したHIXスタッフ

毛髪診断士 日野

頭皮ケア・シャンプーカテゴリの最新記事