【毛髪診断士監修】頭皮が赤いのはなんで?頭皮の赤みや炎症の原因と対処法を解説

【毛髪診断士監修】頭皮が赤いのはなんで?頭皮の赤みや炎症の原因と対処法を解説

頭皮が赤いのは、肌のトラブルや皮膚の炎症などが考えられます。

AGAは男性ホルモンが最大の原因とされるため、頭皮の赤みと関連性は薄いですが、AGA治療に対して良い影響を与えない可能性があるので早めに改善しましょう。

この記事では、頭皮が赤い原因や改善方法について解説します。

頭皮が赤い原因として考えられること

頭皮が赤い原因として考えられるのがこちらです。

  • シャンプーなどのかぶれ
  • 乾燥肌
  • 脂漏性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹

順番に説明します。

シャンプーなどのかぶれ

「接触性皮膚炎」とも呼ばれるアレルギー反応の一種です。

シャンプーや石鹸、ワックスなどの整髪料に含まれる成分が肌質に合わなかった場合、炎症を起こして頭皮が赤くなる可能性があります。

赤みの他に水疱やぶつぶつなどが主な症状です。

ヘアケア用品以外にも、金属などさまざまな刺激や摩擦によってかぶれてしまうケースもあります。

乾燥性皮膚炎

「皮脂欠乏性皮膚炎」とも呼ばれ、乾燥肌の方に多い症状です。

頭皮が乾燥すると肌のバリアを努める角質層の水分が不足し、皮膚が柔軟性を失ってしまいます。

そうすると皮が向けたりひびが割れたりしはじめ、進行するとかゆくなったり赤くなったりします。

乾燥肌でなくても、シャンプーのしすぎやドライヤーの当てすぎによって発症する場合もあるので注意してください。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は「脂漏性湿疹」とも呼ばれており、「マラセチア」というカビの一種が原因とされています。

皮膚に常駐するマラセチアが異常増殖し、皮脂に含まれるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸に分解することで発症すると言われています。

脂漏性皮膚炎に関してはこちらの記事で詳しくまとめているので、参考にしてください。

【2021年最新】脂漏性湿疹でも利用できるシャンプー3選!選び方や注意点も

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は肌のバリア機能が低い方に多く見られ、外部の刺激が肌に入り込むことで発症すると言われています。

良くなったり悪くなったりを繰り返し、年齢とともに慢性的な症状になることが多いです。

特徴としては、全身や頭皮にかゆみを伴う湿疹ができやすくなります。

蕁麻疹

蕁麻疹は頭皮にできる場合もあります。

かゆみを伴うことが多く、場合によってはチクチクとした痛みを感じる方もいるでしょう。

数時間以内に消えることが多いですが、中には1ヶ月以上続く場合もあるので気を付けてください。

頭皮が赤いことによるデメリット

頭皮が赤いのは自然治癒する場合も多いですが、自覚した時点で早めに治療することをおすすめします。

なぜなら、髪が育ちにくくなったりAGA治療の効果が弱まったりする可能性があるからです。

髪が育ちにくくなる

頭皮環境が良好であれば、髪は「成長期」「退行期」「休止期」という正常なヘアサイクルが保たれます。

しかし、炎症などで頭皮環境が悪くなってしまうと十分な栄養が行き届かず、髪が育ちにくくなってしまうのです。

急に頭皮が赤くなった場合、何かしらの炎症であるサインだと考えられます。

日常生活を見直したりふだん使っているシャンプーを変えたりして、できる限り炎症を抑えるのが大事です。

AGA治療の効果が十分に発揮されない

肌に炎症が発生しているとAGA治療の効果が発揮されないどころか、中断しなければならない場合もあります。

たとえば、ミノキシジルは国内で唯一発毛効果が認められた成分ですが、「AGAガイドライン」によると少なからず皮膚炎などの副作用が報告されています。

このようにミノキシジルの外用は人によって炎症を引き起こす場合もあるため、すでに発生している状態で使い続けてしまうと、症状がさらに悪化しかねないのです。

ただ、自分の判断でミノキシジル外用をやめてしまうのはおすすめできません。

かならず医師などに相談しましょう。

頭皮が赤いのを軽減するには

頭皮が赤いのを軽減するにはいくつか方法があります。

まずはシャンプーとヘアケアの方法を変えてみて、それでも改善しなかった場合は医師・クリニックに相談してください。

自分に合ったシャンプーを試す

シャンプーによって自分に合う・合わないがあります。

最近は「乾燥肌用」「オイリー肌用」といったように肌質に合わせたシャンプーも販売されているので、自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめは、洗浄力よりも保湿力を重視したアミノ酸系のシャンプーです。

頭皮の汚れや余計な脂などは40度以上のお湯である程度流れ落ちるため、シャンプーは髪のバリアや保湿目的で使うのが賢明です。

ヘアケアを見直す

自分に合ったシャンプーを使っても、髪の洗い方や乾かし方が良くないとあまり効果がありません。

洗い方・乾かし方はこちらを参考にしてください。

  1. 40度前後のお湯で頭をしっかり流す
  2. 軽くシャンプーを付けて表面の汚れを落とす
  3. 2回目のシャンプーで丁寧に地肌を洗う
  4. 3分くらいかけてシャンプーを洗い流す
  5. 髪を洗ったらドライヤーでしっかり乾かす

医師・クリニックに相談

それでも改善しない場合、速やかに医師・クリニックに相談しましょう。

放っておくとなかなか改善しないどころか、悪化する恐れもあります。

ただ、中には「医師やクリニックを訪れる時間がない。でも、頭皮を見てもらいたい」という方もいますよね。

 

そういった方におすすめなのが、AGA管理アプリの「HIX」です。

HIXは写真を撮影して送るだけで、AIとプロの毛髪診断士が無料で自分の頭皮をチェックしてくれます。

医師による診察ではありませんが、自分がどのように行動すればいいかの指針にできますよ。

【男性必見】HIX(ヒックス)ってどんなアプリ?実際に使ってみた!最新の口コミ・評判も紹介


この記事の監修者

日野
日野毛髪診断士
公益社団法人日本毛髪科学協会が認定する「毛髪診断士®」
(19年12月取得|認定番号:第A20185号)
AGAアプリ「HIX」専属の毛髪診断士として、3千人以上の方の相談やカウンセリングなどを担当

頭皮ケア・シャンプーカテゴリの最新記事