【毛髪診断士監修】「抜け毛はプロテインの副作用」は信じるな!抜け毛の理由と対処法を紹介

【毛髪診断士監修】「抜け毛はプロテインの副作用」は信じるな!抜け毛の理由と対処法を紹介

「プロテインを飲むと副作用で抜け毛が増える」と心配している方もいるようですが、こちらは都市伝説の類です。

むしろ、プロテインはアミノ酸が含まれているので、タンパク質が不足している人には髪の成長を助ける働きが期待できます。

この記事では、プロテインの副作用で抜け毛が増えると言われる理由ややめるべきかどうかについて解説します。

プロテインの副作用で抜け毛は増える?

SNSなどを見てみても、「プロテインの副作用で抜け毛が増える・髪が細くなる」などと思いこんでいる人は少なからずいるようです。

冒頭でもお伝えしたとおり、これらはすべて都市伝説に過ぎないので気を付けてください。

そもそも口コミでもあるとおり、プロテインは食品であって薬ではありません。

副作用とはあくまで「薬」に起きるものであるため、「プロテインには抜け毛などの副作用がある」と考えるのは誤りです。

 

むしろ、プロテインに含まれる良質なアミノ酸は、健康な髪を作る上で非常に重要な役割を果たします。

髪は90%以上が「ケラチン」でできているのですが、これはたんぱく質がアミノ酸に分解され、亜鉛の作用によって再結合されたものなのです。

つまり、プロテインは副作用で抜け毛が多くなるどころか、人によっては髪の成長をサポートしてくれるわけですね。

亜鉛 効果

なお、このようにアミノ酸は亜鉛の力を借りてケラチンに再結合されるため、プロテインと同時に、亜鉛を多く含む食品の摂取をおすすめします。

亜鉛を多く含む食品に関してはこちらの記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

【管理栄養士監修】亜鉛を多く含む食品トップ3!食べるときの注意点も徹底解説

抜け毛の原因

ただ、中には「実際にプロテインを飲んだら抜け毛が多くなった!」と感じている方もいるでしょう。

それは別の原因による抜け毛を「プロテインの副作用と勘違いした」という可能性が高いです。

ここでは抜け毛の主な原因を2つ紹介します。

ヘアサイクル

髪は「生える」「抜ける」という「ヘアサイクル」を繰り返します。

具体的に言うと、3段階の「成長期」で髪が成長し、「退行期」で止まって、「休止期」を経て抜け落ちるわけです。

つまり、人間の髪は抜けるのが当たり前であるため、ヘアサイクルが正常である限り抜け毛を気にしすぎる必要はありません。

髪は一般的に「1日100本程度抜ける」と言われていますが、時期によって抜け毛の数は急増することもあります。

たとえばイギリスの研究結果で、「秋は冬の約2倍髪が抜ける」とわかっているのです。

【毛髪診断士監修】秋は抜け毛が多くなる?今からでも遅くない対策を紹介

AGA

AGAになると髪の成長が「成長期」の初期で止まり、そのまま一気に「休止期」へ突入してしまいます。

結果としてヘアサイクルが乱れ、放っておくとどんどん髪が抜けてしまうのです。

なぜ髪の成長が止まってしまうかというと、最大の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンにあるとされています。

DHTは脱毛作用のあるたんぱく質や因子を作り出すのですが、これらが髪にダメージを与えて抜けやすくしてしまうのです。

もともとはテストステロンだったものが、体内に潜む「5αリダクターゼ」によってDHTに変化させられてAGAが進行していきます。

つまり、抜け毛が多くなったのはプロテインの副作用ではなく、「AGAが進行しているから」とも考えられるわけです。

「抜け毛はプロテインの副作用」と言われる理由

ここからは、なぜ「抜け毛はプロテインの副作用」という都市伝説が広まったのかという理由を説明します。

繰り返しますが、抜け毛の原因はプロテインの副作用ではないので安心してください。

筋肉量が増えることで男性ホルモンが増える?

筋肉量が増えると、男性ホルモンであるテストステロンの量も増加するとされています。

実際、加齢によってテストステロンが減少すれば「筋肉量が下がった」という報告もあるのです。

この「テストステロンの量が増える」という点が、「AGAの原因は男性ホルモンだから、テストステロンが増えれば抜け毛も多くなるのだろう」とする考えに結びついた可能性があります。

 

しかし、上で解説したようにAGAの原因はテストステロンではありません。

テストステロンが5αリダクターゼの作用でDHTに変わったからこそ、引き起こされます。

つまり、テストステロンではなく5αリダクターゼの量が、AGAのなりやすさを左右するわけです。

プロテインを筋肉増強剤だと思っている?

プロテインは食品なのでステロイドなどの筋肉増強剤ではありません。

ステロイドなど筋肉増強剤の影響にも、抜け毛の科学的根拠はないので安心してください。

むしろ、円形脱毛症などの治療においてステロイドが用いられることは多々あります。

副作用?抜け毛が気になったらプロテインをやめるべき?

抜け毛が気になりだした場合、男性ホルモンを抑えようとしてプロテインの摂取などをやめよう、と考える男性もいるでしょう。

しかし、プロテインの摂取はやめなくても問題ありません。

やめなくても問題ない

上で見たようにAGAはDHTが原因なので、プロテインや筋トレなどでテストステロンの量を増やしても進行するわけではないのです。

AGA治療をはじめている場合でも、プロテインの摂取をやめる必要はありません。

AGAの疑いがあるなら治療をはじめるのがおすすめ

薄毛や抜け毛が気になった場合、プロテインをやめるのではなくAGA治療をはじめたほうが賢明です。

AGAは進行性なので、治療をはじめない限り改善は見られません。

ただ、男性の中には「自分がAGAなのかどうかわからない」と自覚のない方も多いでしょう。

 

そういう方は、AGA管理アプリのHIXを使うのがおすすめです。

HIXを使えば、写真を送信するだけでAIとプロの毛髪診断士が自分の頭皮を無料で分析してくれます。

こちらの記事で使用感や使い方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【男性必見】HIX(ヒックス)ってどんなアプリ?実際に使ってみた!最新の口コミ・評判も紹介


この記事の監修者

日野
日野毛髪診断士
公益社団法人日本毛髪科学協会が認定する「毛髪診断士®」
(19年12月取得|認定番号:第A20185号)
AGAアプリ「HIX」専属の毛髪診断士として、3千人以上の方の相談やカウンセリングなどを担当

食事栄養・サプリメントカテゴリの最新記事