【毛髪診断士監修】つむじはげの改善方法を「AGAガイドライン」に則って解説!

【毛髪診断士監修】つむじはげの改善方法を「AGAガイドライン」に則って解説!

つむじはげを改善するには、科学的な根拠に基づいた方法がおすすめです。

わかめや海苔を食べたり光を当てたりと科学的に根拠がない治療法を試みても、なんの意味もないことが多いです。

逆に、間違った治療法を続けてしまうとお金や時間、労力を無駄にしてしまいかねません。

この記事では、科学的根拠に基づいたつむじはげのおすすめ改善策を紹介します。

つむじはげの症状

まず、つむじはげとはどういったものなのか確認しておきましょう。

つむじはげとは、その名のとおりつむじ部分(頭頂部)の薄毛を意味します。

正式な医学用語ではないので注意してください。

自分がつむじはげに該当するかどうかは、これらに当てはまるかチェックしてみましょう。

  1. 頭頂部の毛が細くて弱々しい
  2. 地肌が透けてしまっている
  3. つむじの渦がぼやけて薄い印象を受ける

すべてに当てはまった場合、つむじはげの可能性が高いと言えます。

頭皮をチェックするのは「カメラで撮影する」という方法がもっとも確実ですが、それならAGA管理アプリ「HIX」を利用してみてください。

HIXは髪や頭皮の写真を送ると、AI・毛髪診断士が無料で薄毛や頭皮を診断、分析してくれるという画期的なアプリです。

こちらで使用方法・使用感などをまとめていますので、一度利用してみましょう。

【男性必見】HIXってどんなアプリ?実際に使ってみた!最新の口コミ・評判も紹介

つむじはげの原因

つむじはげにはさまざまな原因が考えられますが、多いのがこの2つです。

  • AGA
  • 頭皮の炎症

それぞれ解決策が違うので、自分の原因がなんなのか把握するのが大事です。

たとえば、AGAが原因なのに「頭皮の炎症だ」と考えて頭皮環境を整えようとしても、あまり効果はありません。

AGA

AGAとは、いわゆる「男性脱毛症」のことです。

生え際が後退する症状をイメージする方も多いでしょうが、AGAには「頭頂部が先に進行する」というパターンもあります。

ハミルトン ノーウッド

こちらは「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれる、実際の症例を元に作成されたAGAの進行パターンです。

この図からわかるように、まずは生え際が後退し、その後は頭頂部に脱毛が見られ、全体が薄くなっていくというパターンも考えられるのです。

AGAは、人体に潜む「5αリダクターゼ」という酵素が、男性ホルモン(テストステロン)を脱毛作用のある「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化させることで引き起こされます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【毛髪診断士監修】男性型脱毛症の種類や原因を解説!無料でチェックする方法も

 

頭皮の炎症

乾燥や湿疹による炎症も、つむじはげの原因とされています。

頭皮に炎症が起きると髪に栄養が行き渡らず、成長する前に抜け落ちてしまうのです。

上で紹介したつむじはげの症状に加えて頭皮が赤っぽくなっている場合は、炎症の疑いが強いと言えるので気をつけてください。

ただ、こちらはAGAと違い、しっかりと治療すれば比較的早いスピードで改善される可能性があります。

頭皮の炎症を抑える方法はこちらを参考にしてください。

使っているシャンプーを見直す

ヘアケアの方法を見直す

頭皮をできる限り清潔に保つ、など

頭皮の炎症は「乾燥やカビが原因である」とされることが多いので、まずは普段のシャンプーを見直してみましょう。

詳しくはこちらの記事でまとめています。

【2021年最新】脂漏性湿疹でも利用できるシャンプー3選!選び方や注意点も

つむじはげのおすすめ改善策

炎症などは頭皮環境の改善で治療できる場合が多いですが、AGAはそうはいきません。

冒頭で説明したとおり、科学的根拠に基づいた治療をはじめるべきなのです。

ここで紹介する方法は、AGA診療を科学的根拠に基づいたまとめた「AGAガイドライン」で推奨度A(行うよう強く薦める)と定められたものです。

フィナステリド、デュタステリドの内服

AGAの原因の一つは「テストステロンがDHTに変わること」です。

テストステロンがDHTに変わるのは「5αリダクターゼ」の作用によるものなので、5αリダクターゼの働きを抑えることがAGA改善につながるわけですね。

フィナステリド・デュタステリドという薬は、この「5αリダクターゼの働きを抑える」として科学的な根拠やエビデンスが認められています。

フィナステリド デュタステリド

(フィナステリド=プロペシア、デュタステリド=ザガーロです)

ただ、フィナステリドとデュタステリドによって、作用する5αリダクターゼの種類が違うので注意してください。

詳しくはこちらの記事でまとめています。

【薬剤師監修】フィナステリドとザガーロなら、フィナステリドからはじめよう。その違いとは。

ミノキシジルの外用

ミノキシジルは、日本で唯一発毛効果が認められた成分です。

通販番組やYouTuberなどが「髪が生える」としてさまざまな育毛剤などを紹介していますが、日本で発毛効果が認められているのはミノキシジルだけなので注意してください。

どういう効果があるかというと、毛母細胞を活性化させ、成長を促すとともに発毛を促進させるのです。

ミノキシジル 作用

ただ、ミノキシジルは発毛を促進させるものであり、5αリダクターゼの働きを抑制させるものではありません。

そのため、ミノキシジルを使いつつフィナステリド・デュタステリドで髪の維持に努める、という改善策がおすすめです。

つむじはげを改善する際の注意点

つむじはげを改善する際には、常に心がけておいてほしい注意点があります。

これらの注意点をしっかり守らないとなかなか改善しない可能性もあるので気を付けてください。

すぐに中断しない

つむじはげの改善は、「薬を使ったら治る」というものではありません。

ミノキシジルの外用は最低でも4ヶ月以上継続することを推奨されていますし、フィナステリド・デュタステリドも効果が見えるまで数ヶ月かかる場合がほとんどです。

「効果が出ないな」「面倒だな」と感じ治療を中断してしまうと、それまでの努力が無駄になってしまいます。

不安な場合は医師に相談

なかなか効果が出ない場合も、自分の考えで治療を中断するのは良くありません。

人によって症状は違いますし、「合う」「合わない」もありますので、しっかりと医師に相談するのが大事です。

この記事を監修したHIXスタッフ

毛髪診断士 日野

薄毛・AGAカテゴリの最新記事