【毛髪診断士監修】髪を増やす方法3選!効果が期待できない注意点も解説

【毛髪診断士監修】髪を増やす方法3選!効果が期待できない注意点も解説

世の中には髪を増やす方法としてさまざまな情報が溢れています。

中には科学的根拠がない民間療法や気休めのようなものもあり、それらを鵜呑みにすると時間や労力、お金を無駄にしてしまいかねません。

この記事では、科学的根拠やエビデンスから効果が高いとされている「髪を増やす方法」について解説します。

髪を増やす方法

髪を増やす方法としておすすめしたいのがこちらです。

  1. フィナステリド・デュタステリドの内服
  2. ミノキシジルの外用・内服(ただし、内服は副作用があるので注意も必要)
  3. 医療植毛(自毛植毛)

どれか1つを選択して集中するのも構いませんが、同時並行することで効果が高まります

それぞれ個別に説明します。

フィナステリド・デュタステリドの内服

フィナステリド・デュタステリドの内服は、両方とも「AGAガイドライン」において推奨度「A:行うよう強く勧める」とされています。

「AGAガイドライン」は科学的根拠やエビデンスをもとに、AGA治療の方針をまとめたものです。

つまり、フィナステリドやデュタステリドはAGA改善においてしっかりした効果が認められているわけです。

 

そもそもAGAは男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素の作用で、抜け毛を促す「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化することで発生するとされています。

フィナステリドとデュタステリドはこの「5αリダクターゼ」の働きを阻害する効果が期待できるのです。

フィナステリド デュタステリド

(プロペシアはフィナステリドの、ザガーロはデュタステリドの商品名)

ただ、フィナステリドとデュタステリドで効果が認められる「5αリダクターゼ」の「型」が違う点に気を付けてください。

フィナステリドは「5αリダクターゼII型」にしか作用しませんが、デュタステリドは「5αリダクターゼI型・II型」どちらにも効果が期待できます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【薬剤師監修】フィナステリドとザガーロなら、フィナステリドからはじめよう。その違いとは。

ミノキシジルの外用・内服

ミノキシジルは国内で唯一発毛効果を認められた成分です。

ミノキシジルにはリアップなどの外用薬と、通称「ミノタブ」と呼ばれる内服薬が存在します。

どちらも発毛効果を期待できますが、「AGAガイドライン」では外用を「A:行うよう強く勧める」とする一方、内服は「D:行うべきではない」としているので注意してください。

ミノキシジルは2つの効果でヘアサイクルを正常化させ、発毛を促します。

  1. 毛包を活性化して新しい毛の発毛を促す
  2. 成長期に小さい毛包を大きく成長させ髪の成長を促す

ミノキシジル 作用

内服薬も効果は同じですが、循環器系に深刻な副作用を及ぼす危険性があります。

使用を検討する際は医師に相談のもと、リスクをしっかりと把握するべきです。

医療植毛(自毛植毛)

医療植毛は大きくこのように分けられることが多いです。

  • 自毛植毛
  • 人工毛植毛

このうちAGAガイドラインで「B:行うよう勧める」とされているのは「自毛植毛」で、「人工毛植毛」は「D:行うべきではない」なので気を付けてください。

「人工毛植毛」は、AGAガイドラインによると「過去に多くの有害事象の報告がある」として推奨されていません(参考:AGAガイドライン)。

ただ、自毛植毛も強く推奨されているわけではないので、上記した「フィナステリド・デュタステリドの内服」「ミノキシジルの外用」で効果が認められない場合の手段と考えておくのがおすすめです。

「髪を増やす方法」として注意すべきもの

薄毛や抜け毛は早めに自覚し対策するのがベストです。

間違った「髪を増やす方法」の情報を信じ込むのは効果が期待できないだけでなく、AGAをどんどん進行させてしまいかねません。

そこで、「髪を増やす方法」として注意すべきものについて説明します。

科学的根拠のないもの

わかめや海苔を食べる、頭皮をとんとん叩いて血行を促進させる、筋トレする…。

男性の中には、「髪を増やす方法」としてこれらを実践した方も少なくないでしょう。

しかし、これらはすべて科学的になんの根拠もありません。

 

もちろん「科学的に根拠がない」というだけで、「髪を増やす方法としてまったく効果がない」とも言い切れません。

たとえば、わかめや海苔には髪に良いとされる栄養素が含まれていますし、マッサージも「頭皮環境を整える」という意味においては効果はゼロではないでしょう。

とはいえ、科学的に根拠がないのも事実なので、解決にならない可能性も高いです。

科学的に根拠があるかどうかは、「AGAガイドライン」を参考にするのがおすすめです。

【2021年最新】AGA診療ガイドラインについて内容や治療の推奨度などを解説

自分に合っていないもの

人によっては薄毛の進行具合が「AGAの治療が必要ではない」というレベルの方もいます。

そういった方はAGA治療したり発毛剤を使ったりする前に、頭皮環境を整え、育毛剤などで「生えている毛」の維持に努めたほうが賢明です。

ただ、「自分の頭皮や毛髪がどのようなレベルなのかわからない」という方も多いですよね。

そこでおすすめしたいのが、AGA管理アプリのHIXです。

 

HIXはAI・毛髪診断士が、ユーザーの毛髪状態を無料で診断してくれます。

使い方は基本的に「写真をアップロードするだけ」なので、余計な手間はほとんどかかりません。

こちらで実際の使い方や使い勝手を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【男性必見】HIXってどんなアプリ?実際に使ってみた!最新の口コミ・評判も紹介

まとめ

髪を増やす方法についてまとめます。

  • 髪を増やす方法としておすすめなのは3種類
  • AGA治療、育毛剤・発毛剤、食生活
  • 科学的根拠のない方法はおすすめしない
  • 自分に合った治療法を見つける
  • まずはHIXで自分の毛髪をチェック

今回紹介した方法を実践して、人生のQOLを向上させましょう!

この記事の監修者

日野
日野毛髪診断士
公益社団法人日本毛髪科学協会が認定する「毛髪診断士®」
(19年12月取得|認定番号:第A20185号)
AGAアプリ「HIX」専属の毛髪診断士として、3千人以上の方の相談やカウンセリングなどを担当

薄毛・AGAカテゴリの最新記事