【薬剤師監修】個人輸入は本当に大丈夫?!AGA治療薬個人輸入のメリットとリスク

【薬剤師監修】個人輸入は本当に大丈夫?!AGA治療薬個人輸入のメリットとリスク

最近では海外の通販サイトや個人輸入の代行サイトからAGA治療薬や発毛剤を個人輸入される方がとても増えています。

個人輸入されたことのある方なら分かると思いますが、個人輸入するメリットとしては、

  • 医師の処方がなくても薬を買える
  • 値段が安い
  • 有効成分の配合量が多い

と確かに魅力的な側面があります。

効果の期待できそうな薬が簡単に安く手に入るという点に魅力を感じるのは、1人の消費者として理解できます。

ですが、本当にそれでいいのでしょうか?
どんな薬にも「副作用」というリスクがあるにも関わらず、その選び方が「安いから」「簡単だから」で本当にいいのでしょうか?

今回は、海外のAGA治療薬を個人輸入して服薬することのリスクや危険性について解説していきたいと思います。

現在、海外製のAGA治療薬を使っている方も、使おうか迷われている方も、個人輸入のリスクについて理解しておきましょう。

医薬品の個人輸入とは?

医薬品の個人輸入とは、日本国内で承認を受けてない医薬品を、

”個人が自己への使用を目的として輸入する”
”医師が自身の患者の治療を目的として輸入する”

この2つの場合について特例的に認められた制度です。

医薬品や医薬部外品、化粧品などに含まれる成分には、有効であっても副作用リスクの高いものや、多く成分を摂りすぎると危険なものがあります。

そういった未承認成分や過量投与による健康被害を防ぐために、それぞれの成分ごとに、配合できる成分の量が国によって定められています。

この設定は国によって様々ですので、日本では使用が承認されていないけど海外では承認されている成分や、日本では少ない量しか配合されてないのに海外ではもっと多く配合できる成分があるのです。

こういった未承認の製品が簡単に日本に持ち込まれては困るので、商売を目的に海外から輸入する場合には、厚生労働省による承認や許可が必要になります。

しかし、これは商売を目的にして輸入する場合だけなので、自分で買ったものを自分で使う場合には、税関の許可だけで輸入することができます。

こうして、「自分で使う用だから、税関の許可だけで輸入します」というのが、個人輸入です。

これを利用すると、インターネット上で海外の通販サイトや個人輸入の代行サイトから日本で未承認の海外製医薬品などを購入することができるのです。

AGA治療薬の場合、海外製には、有効成分の規制が日本よりもゆるい国のものがあるので、
「日本では5%までしか配合できない有効成分ミノキシジルが15%も含まれていて、しかも値段も安い」
とか
「日本ではクリニックに行かないともらえないフィナステリドやミノキシジルの飲み薬がネットで買える」
といったことが起こるのです。

このように、日本では手に入らない、もしくはクリニックに行かないともらえない医薬品や発毛剤が手軽に安く買えることが、AGA治療薬の個人輸入が多い背景となっています。

一方で、日本未承認の海外製AGA治療薬を自己判断で購入、服用することには、リスクや危険が伴います。

AGA治療薬を個人輸入して服用する3つのリスク

1.副作用リスクへの対応が難しい

どんな薬にも副作用のリスクは伴います。

AGA治療薬として最も多くの方が服用しているフィナステリド(製品名:プロペシア)においてもそれは同様です。

MSD株式会社の「プロペシア錠0.2mg」「プロペシア錠1mg」共通の添付書類の「副作用」に関する記載は下記のようになっています。

プロペシア添付文書より抜粋(MSD株式会社)

またフィナステリドには、服用中止後も性欲減退や勃起機能不全(ED)といった副作用が続くポストフィナステリド症候群(PFS)が懸念されていますが、最新の米国の研究結果で、45歳以下のAGA患者において、フィナステリドの服用と自殺傾向や心理的障害(うつ病や不安)との関係性が報告されています。この研究は、世界保健機関(WHO)のデータベース(3,200例)を用いて行った研究であり、一流の論文雑誌に掲載されている為、信頼性の高い結果であると言えます。

参照サイト
Medical Tribune 2020年11月17日
https://medical-tribune.co.jp/news/2020/1117533571/index.html?_login=1#_login

JAMA Dermatol(2020年11月11日オンライン版)
https://jamanetwork.com/journals/jamadermatology/article-abstract/2772818

一方、添付文書や臨床試験データを読み解くと、フィナステリドで発生する肝機能障害や性欲減退などの副作用の割合は非常に少ないことが分かります。

例えば、プロペシアで実施された臨床試験では、肝機能障害、性機能の「リビドー減退」の報告は943例中のわずか2例(0.2%)に過ぎませんし、勃起機能不全、射精障害、精液量減少の方向もわずか1%未満です。

重要なことは、「副作用があるから怖い薬だ」「副作用が少ないから安全な薬だ」ということではありません。副作用のリスクを適切にコントロールすることが重要なのです。

例えば、フィナステリドは肝臓で代謝されるため、肝臓に何らかの持病や障害がある方、もしくは気づいていないけど肝機能が低い方は服用を続ける際には注意が必要であり、定期的に血液検査を受けるなどして、医師の診断の下に

肝機能が低下していないかをチェックする必要があります。

ところが自己判断で服用してしまうと、このリスクコントロールが非常に難しくなります。

正しい使用法のもとに、適切な対処方法を行っていれば回避できるリスクを、回避できなくなる可能性があるのです。

更に、医療機関で処方された薬を正しく使ったのにも関わらず、不幸にも副作用が出て入院や障害に至ってしまった場合には、医薬品副作用被害救済制度という公的制度が適用され、給付の対象になります。当然ですが個人輸入による自己判断服用の場合には、この保障制度は適応されません。万が一、重い障害が起きても自己責任となってしまいます。販売店に文句を言ったところで責任を取ってはくれないでしょう。

副作用は発生割合が低いものであっても、万が一副作用が起きてしまった人にとっては重大な健康被害になる可能性があります。医薬品は医師や薬剤師など専門家の管理・指導のもとで服用することが望ましいのです。

2.偽造品を服用するリスク

2つ目のリスクは偽造品のリスクです。
有名なのは、2009年に発覚したED(勃起不全)の偽造医薬品です。
厚生労働省によると、ネットで入手したED治療薬のうち、約6割(102/184)が偽造品であったと発表されています。
出典:
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/siryou5.pdf

現在までの調査では、AGAの治療薬で偽造品が見つかったという報告はないと思いますが、今後も偽造品が出てこない保証はありませんし、そもそも偽造品を個人で見分けるのはとても困難です。

AGA治療薬は継続的に飲み続ける薬だからこそ、品質において信頼できる製品を選ぶことが大切です。

3.説明文書が理解できないことによるリスク

一般的に医療機関で処方される医薬品には、添付文書や使用上の注意事項など、クリニックや製薬メーカーが作成した薬の説明書が同封されています。

これには、「服用量や服用回数」、「使用上の注意点」、「副作用発生時の対処法」、「保管方法」など、重要な情報が書かれています。

一方、個人輸入で購入した医薬品の添付文書などは、日本語で説明が書かれていることはまずありませんので、説明文が理解できない可能性があります。これは間違った服用方法や使用方法などに繋がるため、副作用発生のリスクになります。

このように、AGA治療薬を個人輸入して使用することには、いくつかの危険が伴います。

「安いから」「簡単だから」という理由だけで購入・服用することは、決してお勧めできません。

個人輸入に頼らず、「安く」「便利に」AGAの治療や対策を行うには?

冒頭に記載した通り、多くの方が「効果的なAGA治療を、安く、簡単に受けたい」という理由で個人輸入を利用されていることは理解できます。

そこで、個人輸入に頼らなくても、出来るだけ「安く」「便利に」「発毛や育毛効果の期待できる」対策、治療法を3つ紹介したいと思います。

1、安くフィナステリドを処方してくれるAGAクリニックを選ぶ

AGA外来のあるクリニックの中には、月々3,000円程度でフィナステリドを処方してもらえるクリニックがあります。例えば、大手クリニックの中で言えば、湘南美容外科グループのAGA治療は、フィナステリドが初回1,800円、2回目以降3,000円で購入することが可能です。
https://www.sbc-aga.jp/lp/aga18/cm/

2、オンライン診療を活用して、通院負担をなくす

新型コロナウィルス感染症拡大の影響もあり、現在AGA診療は初診でも通院することなく、テレビ電話などを用いることで自宅から診察を受けることができます。多くのAGAクリニックで初診からオンライン診療を行っておりますので、積極的に活用することでクリニックへ通う負担を抑えましょう。

3、安く購入できるミノキシジル5%外用剤(第1類医薬品)を購入して対策する

クリニックでの治療や内服薬の服用に抵抗のある方であれば、市販で購入できる5%ミノキシジル外用剤の中で安価なものを選んで使用することをお勧めします。

同じ5%濃度のミノキシジルであれば、発毛・育毛効果は変わりません。

例えば、ミノグロウ(岩城製薬)やリザレックコーワ(興和)などは、インターネットで購入すると3,000~4,000円で購入することができます。

また私たちHIXでも、国内製造の5%ミノキシジル外用剤「HIX Minoxidil5(ヒックスミノキシジル5)」をリーズナブルな価格でご提供していますので、宜しければお役立てください。

もちろん、これらの方法でも、個人輸入よりは若干費用が高くはなりますが、コストをさげつつ、通院の手間を省き、個人輸入に伴うリスクを減らすことができる方法だと思いますので、皆さんもぜひ試してみて下さい。

この記事を監修したHIXスタッフ

薬剤師 金澤大介

クリニック・治療薬カテゴリの最新記事