【毛髪診断士監修】40代薄毛でも似合う髪型3選!髪の少なさをカバーするコツと対処法

【毛髪診断士監修】40代薄毛でも似合う髪型3選!髪の少なさをカバーするコツと対処法

40代になると、薄毛が気になりはじめる方も少なくないでしょう。

髪型によっては薄毛が目立ってしまい、年齢以上に老けて見られる可能性もあります。

そこで、この記事では40代薄毛の方でも似合う髪型と髪の少なさをカバーするコツ、対処法について解説します。

40代薄毛が髪型を作る上で注意すべきこと

はじめに「こういう髪型にするのはおすすめできない」という注意点を紹介します。

これらに当てはまる場合は、髪型を見直したほうが賢明です。

前髪を流す

髪の毛がフサフサなら問題ありませんが、M字や額の生え際が後退している場合は要注意です。

風や雨、汗などで前髪が崩れると、かえってM字や生え際が目立ってしまいます。

また、前髪部分が重くなってしまうため野暮ったい印象を与えてしまい、爽やかさがあまり感じられません。

顔の輪郭が四角、ホームベース型の方は、前髪が重すぎると顔の中心にパーツが寄りすぎてしまうため、暗い印象を抱かれる恐れもあります。

強引に薄い部分を隠そうとする

いわゆる「バーコード」と呼ばれる髪型ですが、薄い部分を隠そうとしているだけで見るからに不自然です。

たとえば、新品の白いTシャツに食べこぼしなどが付着すると、その部分だけが目立ってしまいますよね。

それと同じで、薄い部分を無理やり隠そうとすると、かえってその部分が強調されてしまうわけです。

40代薄毛の方が髪型を作るコツ

40代で薄毛の方でも、上手にヘアスタイルを整えている男性は少なくありません。

そういった方がなぜ上手に髪型を作れているのかというと、「コツ」を心得ているからです。

上で見た注意点を踏まえて、薄毛の方が髪型を作るコツをいくつか紹介します。

「長い部分」は伸ばさない

上でも見たとおり「髪が長い部分」で「髪が薄い部分」を隠そうとすると、「薄い部分」がより目立ってしまいます。

また、全体的に不自然な髪型になるため、見た目の印象も良くなりません。

薄毛でもヘアスタイルを整えられている人は、「薄い部分」よりも「全体のバランス」を大事にします。

逆に言えば、サイドや後頭部などの「長い部分」をすっきりさせることで、全体的な印象はがらっと変わります。

サイドを短くする

薄い部分が目立ってしまうのは、「周りの毛量に比べてそこだけが少ないから」です。

つまり、サイド部分を短くすれば、「薄い部分」が強調されにくくなり、バランスの取れた髪型になるわけです。

ただし、サイドを短くしただけでは髪が重力に負けてタランと垂れ下がり、「全体的に薄いだけ」になってしまうので注意してください。

縦長の髪型を目指す

サイドを短くしたら、頭頂部にワックスを付けて縦長の髪型をめざすのがおすすめです。

そうすることによって、タランと垂れ下がるのを防げます。

髪が柔らかい場合は、ヘアスプレーで固定するとヘアスタイルが長持ちします。

ワックスやヘアスプレーを付けた日は、かならずシャンプーでしっかりと洗い流すようにしてください。

薄毛をカバーできる髪型を紹介

今まで見てきた「注意点」や「コツ」を踏まえた上で、おすすめの髪型を紹介します。

薄毛の髪型に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

ソフトモヒカン

一時期、「ベッカムヘアー」と称され一斉を風靡したソフトモヒカン。

前髪を思い切り上げることに抵抗を感じる方もいるでしょうが、頭頂部を綺麗に整えることによって不自然な印象を抱きません。

ワックスで動きを付ければ、男性らしいワイルドさも演出することができます。

ただ、あまりにも生え際が後退しているとその部分が目立ってしまうため、カットする際は美容師にきっちり相談するのがおすすめです。

ショートカット

M字が強調されやすい場合は、全体的に短くするショートカットがおすすめです。

スタイリングする際は、全体的にワックスを付けて縦長のシルエットを意識してください。

ソフトモヒカンよりもオシャレ度は下がってしまいますが、スタイリングが楽ですしどんな人にも似合いやすいです。

ツーブロック

ツーブロックとは、頭頂部を長めに残し、耳の上や後頭部を刈り上げる髪型です。

ソフトモヒカンほどワイルドさはない一方、全体的にすっきりとした爽やかな印象を与えられます。

注意点は、しっかりとスタイリングしないといわゆる「坊ちゃん刈り」みたいになってしまう点。

「スタイリングが面倒」と感じる方は、前髪にポイントパーマを当てるのもおすすめです。

より若く・かっこよく見られたいなら今から薄毛対策

今までおすすめの髪型を紹介してきましたが、薄毛が進行すると似合うヘアスタイルの幅がどんどん狭くなります。

今はソフトモヒカンやツーブロックなどで髪型をばっちり決められても、全体的に毛が生えてこなくなればごまかすことさえできません。

より若く・かっこよく見られたいなら、しっかりと薄毛対策するのが大事です。

 

ただ、40代は働き盛りでなかなかAGAクリニックを受診したり薄毛対策したりする時間が取れない方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、AGA管理アプリの「HIX」です。

HIXを使えば自宅で簡単に自分の髪や頭皮状態を診断できますし、自宅でできる効果的な薄毛の対策方法が分かります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【男性必見】HIXってどんなアプリ?実際に使ってみた!最新の口コミ・評判も紹介

この記事を監修したHIXスタッフ

毛髪診断士 日野

薄毛・AGAカテゴリの最新記事